コロナが怖いかどうかで決める? 「ワクチン接種」の判断基準とは

ナイス・エイジングのすすめ

ヘルス

2021/03/15 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「コロナワクチン」。

あわせて読みたい

  • 史上初のワクチンはどう開発され、どう伝来した? 天然痘根絶の立役者

    史上初のワクチンはどう開発され、どう伝来した? 天然痘根絶の立役者

    AERA

    2/11

    「彷徨える遺伝子」ことウイルスが示唆する人類の未来とは…5月14日 「種痘記念日」

    「彷徨える遺伝子」ことウイルスが示唆する人類の未来とは…5月14日 「種痘記念日」

    tenki.jp

    5/14

  • コロナワクチン未接種の人たちの様々な理由を調査してわかってきたこと
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    コロナワクチン未接種の人たちの様々な理由を調査してわかってきたこと

    dot.

    4/6

    感染後のワクチン接種の必要性 海外は「するべき・推奨」、国内は「可能」

    感染後のワクチン接種の必要性 海外は「するべき・推奨」、国内は「可能」

    AERA

    3/8

  • コロナ前の生活で「死者10万人」のシミュレーション 専門家が詳細解説

    コロナ前の生活で「死者10万人」のシミュレーション 専門家が詳細解説

    AERA

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す