常盤貴子、斎藤工、大関正代…聖火ランナー辞退でしぼむ五輪

2020東京五輪

2021/03/12 11:32

 3月25日の聖火リレーのスタートを前に、有名人ランナーの辞退が止まらない。歌手の五木ひろし、俳優の斎藤工、常盤貴子、大相撲の大関正代らが次々と辞退し、その多くは「スケジュールの都合」を理由としている。東京五輪組織委員会の担当者が言う。

あわせて読みたい

  • 大坂なおみが開会式にサプライズ登場 104歳聖火ランナー箱石シツイさんが語る東京五輪 

    大坂なおみが開会式にサプライズ登場 104歳聖火ランナー箱石シツイさんが語る東京五輪 

    dot.

    7/23

    辻田真佐憲「日本の『後進国』ぶりが世界中に暴露される五輪になる」

    辻田真佐憲「日本の『後進国』ぶりが世界中に暴露される五輪になる」

    週刊朝日

    3/26

  • 一般人にもチャンスあり、東京五輪の聖火ランナーになる方法教えます

    一般人にもチャンスあり、東京五輪の聖火ランナーになる方法教えます

    AERA

    8/28

    東京五輪は誰になる? 「聖火最終ランナー」に込められた深い意味

    東京五輪は誰になる? 「聖火最終ランナー」に込められた深い意味

    dot.

    8/7

  • 90歳の聖火ランナー「この1年で走れるように」 五輪延期も前向きに

    90歳の聖火ランナー「この1年で走れるように」 五輪延期も前向きに

    AERA

    5/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す