小松政夫さん死去 植木等の愛ある“クビ宣告”に涙した 師弟愛を生前明かす (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小松政夫さん死去 植木等の愛ある“クビ宣告”に涙した 師弟愛を生前明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
石原壮一郎週刊朝日
笑顔の小松政夫さん(撮影/写真部・大野洋介)

笑顔の小松政夫さん(撮影/写真部・大野洋介)

在りし日の小松政夫さん(撮影/写真部・大野洋介)

在りし日の小松政夫さん(撮影/写真部・大野洋介)

 コメディアンで、俳優の小松政夫さんが11日、肝細胞がんで7日に亡くなっていたことがわかった。78歳だった。植木等さんの付き人として、芸能の世界に飛び込んだ小松さん。温かい笑いで、人々を楽しませてきた。その活躍の礎となったのは、オヤジさんと慕った植木さんと小松さんの師匠と弟子を超えた、人情味あふれる関係だった。故人をしのび、週刊朝日に掲載された生前のインタビューを再掲する。

【写真】これはマネできない。小松さんのたたずまいには喜劇役者の温かさがあった
*  *  *
 クルマのセールスマンをしていた21歳のときです。ビアホールに置いてあった雑誌を開くと、求人広告が目に留まったんです。

「植木等の付き人兼運転手募集。やる気があるなら、面倒見るョ~~」

「これだ!」と思いましたね。絶好の茶箪笥、いやチャンス。大草原に四つ葉のクローバーが、ほら摘んでくださいと言わんばかりにピョーンと立っているように見えました。

 あの雑誌を手に取らなかったら、今ごろ何をやっていたんでしょうね。もしほかの芸能人の付き人募集だったら、応募してないでしょうね。

 当時は営業所のトップセールスマンで、大卒初任給の10倍ぐらい稼いでいました。ほとんど休みなしでがむしゃらに働いて、毎週日曜日の夜、横浜のビアホールにあった大きなカラーテレビで、「シャボン玉ホリデー」を見るのが楽しみ。ブラウン管の中の植木等は大スターですよ。

 求人広告には600人ぐらいの応募があったそうですが、面接して数日後に採用の連絡をもらいました。仕事柄、物腰も言葉遣いも身についていたし、お金があったから服や靴だってパリッとしてましたからね。自分は運がよかったんです。

――こうして小松は1964年、植木等の付き人になった。もともと生粋の博多っ子。幼いころから人を笑わせ、喜ばせるのが好きだった。

 子どものころ、家に友達を呼んで、バナナのたたき売りの口上なんかを披露していたんです。お菓子をふるまって、独演会です。

 父は実業家で、僕は小さいころはかなり裕福な生活をしていました。中学のとき、父が急死して、生活は一変しました。

 高校を卒業後、俳優を目指して上京。俳優座養成所の入所試験のとき、道に落ちている10円玉を見つけて、さあどうするかみたいなことをやったんです。キョロキョロして、素知らぬ顔で靴を脱いで、足の指でそっとはさんで……なんてことをやってたら、合格しちゃった。

 でも、入学金が工面できなくてね。結局諦めました。

 それからいろんな仕事をしましたね。魚市場、花屋、はんこ屋、コピー機のセールスマン……。クルマの販売店にコピー機を売りに行ったとき、ブルドッグみたいな怖い顔した営業所の責任者の部長に「お前は見込みがある。ウチに来い」って言われたんです。それでクルマのセールスマンになりました。

 口八丁で、ノルマは達成。報奨金が出たら宴会です。僕は、盛り上げ役を買って出ました。幼いころに覚えた露天商の口上など、宴会芸なら引き出しがたくさんありますからね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい