福山雅治、30年越しの思いを作品に “死生観”と被爆への違和感

2020/12/08 11:32

 福山雅治さんの6年8カ月ぶりのニューアルバム「AKIRA」。そのタイトルは、17歳のときに亡くした父の名からとられたもの。デビュー30年の節目の年に、そのタイトルをつけた理由は。福山さんの原点、死生観から、好きだという香りについてまで語ってもらいました。

あわせて読みたい

  • 「被爆2世」のネットニュースに違和感 福山雅治が“時代”や“人間”を歌う理由とは?

    「被爆2世」のネットニュースに違和感 福山雅治が“時代”や“人間”を歌う理由とは?

    AERA

    12/10

    アーティスト福山雅治を創り出した「育ての親と生みの親」 コロナ禍に30周年迎え思うこと

    アーティスト福山雅治を創り出した「育ての親と生みの親」 コロナ禍に30周年迎え思うこと

    AERA

    12/8

  • 福山雅治プロデュース&ディレクション『ピースブックリレー(Produced by 長崎クスノキプロジェクト)』

    福山雅治プロデュース&ディレクション『ピースブックリレー(Produced by 長崎クスノキプロジェクト)』

    Billboard JAPAN

    6/15

    福山雅治「まだまだ音楽は止まりません」、デビュー30周年記念ツアーを完走 ライブレポが到着

    福山雅治「まだまだ音楽は止まりません」、デビュー30周年記念ツアーを完走 ライブレポが到着

    Billboard JAPAN

    6/21

  • 柳楽優弥主演『映画 太陽の子』予告編公開&主題歌に福山雅治

    柳楽優弥主演『映画 太陽の子』予告編公開&主題歌に福山雅治

    Billboard JAPAN

    6/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す