室井佑月「ひるおび!」突然の降板の真相 GoTo批判が影響も? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「ひるおび!」突然の降板の真相 GoTo批判が影響も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
室井佑月さん

室井佑月さん

 作家でタレントの室井佑月さん(50)が、TBSのワイドショー「ひるおび」の木曜コメンテーターを降りることになった。12月3日の木曜、番組に室井さんの姿はなく、突然、出演を見合わせる発表があった。降板劇の裏には何があったのか。

「公平性を担保するべきとのことで番組のみなさまとご相談の上、出演を控えさせていただくことに致しました。みなさま、長い間お世話になりました、ありがとうございました」

 3日の番組冒頭、江藤愛アナウンサーが、室井さんからというメッセージを代読した。

 「公平性」というのは、室井さんの夫で前新潟県知事の米山隆一氏(53)が、次期衆院選に新潟5区から立候補することを、11月27日に正式表明したことを受けてのこととみられる。

 たしかに、身内が立候補となれば、次の衆院選についての話をする際に、公平性が保てるのか、との疑問が出るのは不自然ではない。

 ただ、室井さんは、同番組の前番組の時代から11年以上、レギュラーでコメンテーターを務めている。それくらい長期間出演していた人の最後では、番組の司会者が「長い間、お疲れ様でした」などと声をかけ、花束の一つでも渡す、という場面は、よく見る。本人が出演もせず、コメントの代読で終わりというのは、視聴者も違和感を感じたのではないだろうか。

 以前、テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」でコメンテーターを事実上降板となった経験がある古賀茂明さんは、

「今回の降板通告は前日だったとも聞いています。私の経験からも、通常は1カ月以上前から話し合いが行われるはずです。TBS側によほどの緊急事態が起きたとしか考えられません」

 と今回の室井さんの件について首をかしげる。

 また、あるテレビ関係者は、こうした見方を示す。

「室井さんは、番組で菅政権のことや『GoTo』、五輪についてもかなり批判していましたし、『週刊朝日』のコラムでも同じように、政権やメディアのことを、ボロクソに書いていましたから、なんらかの『力』が働いたのでは、との疑いも出てきます」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい