阪神ファンの段田安則「『負けやがれ』と思いながら全試合見てます(笑)」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神ファンの段田安則「『負けやがれ』と思いながら全試合見てます(笑)」

週刊朝日#林真理子
段田安則さん(右)と林真理子さん (撮影/小山幸佑)

段田安則さん(右)と林真理子さん (撮影/小山幸佑)

段田安則・俳優 (撮影/小山幸佑)

段田安則・俳優 (撮影/小山幸佑)

林:なんで入ったんですか。

段田:文学座に行きたいと思って京都から上京したんですが、文学座は入れてくれなくて青年座の養成所に行ったんです。そこも劇団には残れなくて、唯一募集してた「遊眠社」が入れてくれたんです。東大に部室があって、学生演劇みたいな感じで、「しくじった」と思いました(笑)。でも、野田秀樹さんが拾ってくれたおかげでここまでこれたので、感謝しています。

林:最初は正統派のお芝居を目指してたんですか。

段田:そうですね。労演という演劇鑑賞団体があって、月に1回京都会館に文学座、俳優座、民藝とかが来るんです。それを高校生ぐらいから見に行ってましたね。

林:私も山梨で見てました。樫山文枝さんとかがいらして。

段田:いわゆる新劇ですけど、新劇俳優になりたいなと思って、労演の事務所でバイトしたりしてたんです。バイトしてると役者さんにお会いすることもあって、(低い声で)「労演の方ですか?」とか聞かれて、カッコいいなあ、こんな声の人になりたいなあ、と思ったのが役者の道を志したスタートでしたね。

林:学生演劇が全盛のころですね。

段田:そうですね。僕らのときは「紅テント」や「黒テント」も京都に来たりして、若い人の間ではアングラも流行ってました。アングラってなぜか脱ぐんですよ。女優さんがいきなり行水しておっぱいが見えたりするんですけど、僕はこれはこれでおもしろいなと思って見てるだけで、そっち方面には行かなかったですね。

林:そして紆余曲折を経て、今は落ち着くべきところに落ち着いたということですね。

段田:「遊眠社」が解散してからほかのいろんな舞台に出たりして、今ちょうど自分がやりたいことをやってるのかなと、3年ぐらい前までは思ってましたね。

林:今は?

段田:最近ちょっと自信がなくなってきましてね。「いいのかな、やってて」みたいな。べつにコロナで仕事がないからじゃないんですけど、「俺はどうなんだろう」ってちょっと客観的に見るようになりましたね。

林:私から見れば、ノリにノッてるという感じがします。お仕事以外の趣味って何なんですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい