コロナで変わる「地方移住」 地域おこし協力隊に応募殺到、オフィス移転も

2020/09/17 08:00

 退職後のセカンドライフとされていた「地方移住」。新型コロナウイルスの感染拡大でこれに異変が起きている。リモートワークの普及に伴い、人混みでの感染リスクを避けようと地方暮らしを選ぶ人が増え、働き盛りの世代も目立つ。

あわせて読みたい

  • 移住希望者と地方をwin-winでつなぐ「地域おこし協力隊」 霞が関キャリア官僚も憧れの田舎暮らしへ

    移住希望者と地方をwin-winでつなぐ「地域おこし協力隊」 霞が関キャリア官僚も憧れの田舎暮らしへ

    AERA

    2/7

    「移住適齢期」のターニングポイントは35歳? 専門家が指摘

    「移住適齢期」のターニングポイントは35歳? 専門家が指摘

    AERA

    3/27

  • 地方移住の主役はシニアから若者へ “東京脱出”の意義とは?

    地方移住の主役はシニアから若者へ “東京脱出”の意義とは?

    AERA

    10/3

    コロナ禍で上昇する“移住熱” 土地価格への影響は?

    コロナ禍で上昇する“移住熱” 土地価格への影響は?

    週刊朝日

    4/23

  • 家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    AERA

    10/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す