コロナに救われた物件も 3密回避で郊外戸建ての住み替え需要増

住宅

2020/09/05 08:00

 2月末の“コロナショック”後には、高騰していたREIT(不動産投資信託)が急落する場面もあり、バブル崩壊やリーマン・ショックの再来を覚悟した人も少なくなかったはずだ。昨年の消費税増税に加え新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちをかけ、住宅市場はいよいよ冬の時代に突入するのではないか、と。

あわせて読みたい

  • マンションが値崩れしない理由 コロナで変わった不動産ローン&売却

    マンションが値崩れしない理由 コロナで変わった不動産ローン&売却

    週刊朝日

    9/6

    都内戸建てが20代でも買える? 「住宅ローン減税」最後の“駆け込み”需要

    都内戸建てが20代でも買える? 「住宅ローン減税」最後の“駆け込み”需要

    週刊朝日

    4/4

  • 3戸に1戸は空き家になる予測も…首都圏でも進む不動産の二極化

    3戸に1戸は空き家になる予測も…首都圏でも進む不動産の二極化

    AERA

    4/16

    高値がつく“富”動産は何が違う? 物件の優劣を見分けるポイント

    高値がつく“富”動産は何が違う? 物件の優劣を見分けるポイント

    AERA

    4/17

  • マンションのコロナ感染リスクは? “意識が高い”住民や管理組合の対策

    マンションのコロナ感染リスクは? “意識が高い”住民や管理組合の対策

    週刊朝日

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す