常盤貴子は6役に挑戦…大林宣彦監督が「海辺の映画館」に込めた願い

2020/07/30 11:30

 4月10日に82歳で亡くなった大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館‐キネマの玉手箱」が7月31日から公開される。1970年代から新たな映像の世界を切り開いてきた先駆者の最後の作品には、ハッピーエンドの処方箋ともいうべき映画の魅力がつまっている。ライター・坂口さゆり氏が綴る。

あわせて読みたい

  • 映画を信じた大林宣彦監督 校正でも楽しませる遊び心

    映画を信じた大林宣彦監督 校正でも楽しませる遊び心

    週刊朝日

    4/15

    大林宣彦監督最期の言葉、欲しいのは「笑顔と…」 その映画愛を、遺作通し妻・恭子さんが語る

    大林宣彦監督最期の言葉、欲しいのは「笑顔と…」 その映画愛を、遺作通し妻・恭子さんが語る

    AERA

    8/16

  • 妻・恭子さんが語る大林宣彦監督と歩んだ60年と遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

    妻・恭子さんが語る大林宣彦監督と歩んだ60年と遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

    週刊朝日

    8/2

    「裁判傍聴」で人間観察 常盤貴子がレスリー・チャンから学んだこと

    「裁判傍聴」で人間観察 常盤貴子がレスリー・チャンから学んだこと

    週刊朝日

    1/27

  • 常盤貴子 “連ドラの女王”から卒業したかった?

    常盤貴子 “連ドラの女王”から卒業したかった?

    週刊朝日

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す