監視国家から気球で脱出できるのか 東西冷戦下に自由を求めた実話をスリリングに描く

2020/07/20 17:00

 東西冷戦下の1979年に監視国家であった旧東ドイツから、気球で脱出したふたつの家族8人の実話をドイツで映画化した「バルーン 奇蹟の脱出飛行」。実際の家族の証言をもとに入念な時代考証をしたという。ドイツ統一30周年の2020年らしい映画。

あわせて読みたい

  • 評論家が高評価! 3時間超えドイツ映画「ある画家の数奇な運命」の見どころ

    評論家が高評価! 3時間超えドイツ映画「ある画家の数奇な運命」の見どころ

    週刊朝日

    9/27

    樹木希林、遺作にして世界デビュー作「命みじかし、恋せよ乙女」

    樹木希林、遺作にして世界デビュー作「命みじかし、恋せよ乙女」

    週刊朝日

    8/3

  • 新人弁護士が辿り着いた“法の落とし穴”とは? ドイツ国家を揺るがした小説の完全映画化 

    新人弁護士が辿り着いた“法の落とし穴”とは? ドイツ国家を揺るがした小説の完全映画化 

    週刊朝日

    6/23

    映画祭でも賞を総ナメ! 老ユダヤ人の反骨と友情を描いた人生賛歌がついに公開

    映画祭でも賞を総ナメ! 老ユダヤ人の反骨と友情を描いた人生賛歌がついに公開

    週刊朝日

    12/16

  • 賛否両論の「ジョジョ・ラビット」 ナチス映画の難しさとは?

    賛否両論の「ジョジョ・ラビット」 ナチス映画の難しさとは?

    週刊朝日

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す