ぺこぱ “第7世代”との共演は「豪華客船のチケットをもらえた感覚」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぺこぱ “第7世代”との共演は「豪華客船のチケットをもらえた感覚」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ぺこぱ/松陰寺太勇(しょういんじ・たいゆう=右)とシュウペイ(左)のお笑いコンビ。アルバイト先の飲食店で出会い、2008年に「先輩後輩」という名前でコンビ結成。その後、コンビ名をはじめ、見た目やネタのスタイルなど様々な変化を重ねながら活動を続け現在のスタイルに。「ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘2019」で優勝、同じ年の「M-1グランプリ2019」で最終決戦に進出し3位となり、お茶の間の人気者に。[COVER STAFF 撮影/馬場道浩 ヘアメイク/YUMIKA スタイリング/鍛冶古翔三(Yolken) アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

ぺこぱ/松陰寺太勇(しょういんじ・たいゆう=右)とシュウペイ(左)のお笑いコンビ。アルバイト先の飲食店で出会い、2008年に「先輩後輩」という名前でコンビ結成。その後、コンビ名をはじめ、見た目やネタのスタイルなど様々な変化を重ねながら活動を続け現在のスタイルに。「ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘2019」で優勝、同じ年の「M-1グランプリ2019」で最終決戦に進出し3位となり、お茶の間の人気者に。[COVER STAFF 撮影/馬場道浩 ヘアメイク/YUMIKA スタイリング/鍛冶古翔三(Yolken) アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

 昨年のM‐1グランプリで最終決戦に進出し、大ブレークした。松陰寺太勇とシュウペイ、結成13年目のコンビ「ぺこぱ」がお笑い界の新しい波に乗っていくこと、「決定的!?」。

【写真特集】シリアスからお茶目な表情まで!ぺこぱ撮り下ろしグラビア特集はこちら

*  *  *
松陰寺:俺たち、雑誌の表紙初体験なんだよね。

シュウペイ:まだ実感がわかない。本当に表紙になっているのか。

松:なってなかったら壮大なドッキリだろ! 今回は90年代のバンドのボーカリストをイメージしてみました。「(カメラ目線で)どうもファりがとう……」

シ:僕はもともとジャニーズのみなさんのことが好きだしモデルにも興味があったから、そういう雑誌のイメージで撮れてたら嬉しいな。

松:途中までシュウペイポーズ忘れてたもんな(笑)。

シ:僕らは13年前にアルバイト先で出会って、松陰寺さんはバイト先の先輩だし年も四つ上だから、ずっと敬語のままですね。

松:最後に敬語を使われたのが13年前だよ。でもそういう壁がないほうがやりやすい。

シ:今では若干かわいい弟のようにも思えてきました。

松:なんでだよ!とも言い切れないだろ! 模索を続けて、全部肯定するところがウケるから、全部これでいいんじゃね?ってなったのかな。

シ:僕が「○○しておくんなましー」ってボケる時にポーズをつけるようになって。

松:そうそう。気づいたら、隣で顔を指で挟んでお尻ふってて(笑)。

シ:M‐1以降は“お笑い第7世代”の芸人たちとの共演も増えたよね。

松:年齢やキャリア的にはちょっと上なのに、第7世代っていう豪華客船のチケットをついでにもらえてるような感覚で。そのチケットがあるうちは乗っちゃえって感じ。

シ:勢いに乗っちゃっておくんなましー!

(本誌・太田サトル)

週刊朝日  2020年7月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい