岡田健史「僕は煩悩だらけですけど(笑)」 初の時代劇に主演! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡田健史「僕は煩悩だらけですけど(笑)」 初の時代劇に主演!

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
岡田健史(おかだ・けんし)/1999年、福岡県生まれ。俳優。2018年の連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で一躍注目を集め、JR東日本のCM「JR SKISKI 2019-2020」も話題に。動画配信サービスFODの連続ドラマ「いとしのニーナ」に主演、夏に放送予定のNHK BSプレミアム「大江戸もののけ物語」での時代劇初出演(主演)など、活躍の幅を広げる。特技は野球。[COVER STAFF 撮影/木村哲夫 スタイリング/藤長祥平 ヘアメイク/Kohey アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装協力 シャツ、中に着たシャツ、パンツ/コモン スウェーデン(ジェムプロジェクター)、シューズ/パラブーツ(パラブーツ青山店)]

岡田健史(おかだ・けんし)/1999年、福岡県生まれ。俳優。2018年の連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で一躍注目を集め、JR東日本のCM「JR SKISKI 2019-2020」も話題に。動画配信サービスFODの連続ドラマ「いとしのニーナ」に主演、夏に放送予定のNHK BSプレミアム「大江戸もののけ物語」での時代劇初出演(主演)など、活躍の幅を広げる。特技は野球。[COVER STAFF 撮影/木村哲夫 スタイリング/藤長祥平 ヘアメイク/Kohey アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO 衣装協力 シャツ、中に着たシャツ、パンツ/コモン スウェーデン(ジェムプロジェクター)、シューズ/パラブーツ(パラブーツ青山店)]

 19歳のときドラマで鮮烈に登場。その後も進化を続ける一番の武器は「情熱」。岡田健史・21歳の初夏を切り取った。

【フォトギャラリー】岡田健史の撮り下ろしグラビア特集を見る

*  *  *
「大丈夫ですか?」

 撮影中、そう言いながらモニターに映る写真の仕上がりをチェックする。

「(表紙やグラビアの)こういった撮影も映画やドラマも、僕一人の力では表現できない作品だと思うんです。今もそうですが、この“作品”には何を求められているんだろうということを、常に意識しています。やるからには全力を出したい。それが出せているか確認したくて」

 高校時代は野球の名門校でキャッチャーをつとめた。自分の置かれた状況を冷静に把握するのは、そんなポジションで培われた部分もあったりするのだろうか。

「自分の役と相手の役を、ピッチャーとキャッチャーに置き換えて考えるとわかりやすくなることはあります。オーディションの時には、相手の考えていることは何だろうかと考えてのぞむことも多いですし、そういう意味では野球やっててよかったなと思いますね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい