海鮮チヂミがたまらない…波乃久里子が「毎日でも行きたい」韓国料理店 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

海鮮チヂミがたまらない…波乃久里子が「毎日でも行きたい」韓国料理店

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国家庭料理 はな 海鮮チヂミ、テールスープ/古民家風の一軒家で、自家製キムチからチゲ鍋まで韓国の家庭料理が味わえる店。タコやイカが入った「海鮮チヂミ」(1500円)は、甘酢のたれを添えて提供。「テールスープ」(1400円)はあっさりとした塩味で、好みで白ゴマ入り醤油だれを加える。キムチも数の子やトマトなど種類が豊富。チヂミやキムチなどテイクアウト可能なメニューもある(電話注文で受け付け)。税別 (撮影/写真部・小黒冴夏)

韓国家庭料理 はな 海鮮チヂミ、テールスープ/古民家風の一軒家で、自家製キムチからチゲ鍋まで韓国の家庭料理が味わえる店。タコやイカが入った「海鮮チヂミ」(1500円)は、甘酢のたれを添えて提供。「テールスープ」(1400円)はあっさりとした塩味で、好みで白ゴマ入り醤油だれを加える。キムチも数の子やトマトなど種類が豊富。チヂミやキムチなどテイクアウト可能なメニューもある(電話注文で受け付け)。税別 (撮影/写真部・小黒冴夏)

韓国家庭料理 はな/東京都港区白金6-1-3 ※営業時間、定休日は要確認 (撮影/写真部・小黒冴夏)

韓国家庭料理 はな/東京都港区白金6-1-3 ※営業時間、定休日は要確認 (撮影/写真部・小黒冴夏)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、女優・波乃久里子さんの「韓国家庭料理 はな」の「海鮮チヂミ」と「テールスープ」だ。

【「韓国家庭料理 はな」の店内の写真はこちら】

*  *  *
 こちらは何年か前に親戚のお姉様に連れていってもらったお店。韓国人のお母さんがお料理を作って、息子さんが接客してくださるのですが、何をいただいてもはずれがありません。押しつけがましくない寡黙なおもてなしで、ストレートにおいしいものを出してくださる。しかも都心にあるとは思えない懐かしい木造の店構えも魅力。落ち着いて食事ができるから、毎日でも行きたいくらい気に入っています。

 チヂミはいろんな種類がありますが、なかでも好きなのが、タコやイカが入った。玉ネギのシャキシャキとした食感がたまりません。牛テールのスープは一般的には濃いイメージがありますが、こちらは比較的あっさりとしていて体にすーっと入る感じ。全体的に日本人の舌に合う味付けなんです。

 食事を終えて店を出るときに、チマチョゴリを着たお母さんがいつも笑顔でお見送りしてくださる。その姿がなんとも格好よくて、またすぐにでも出かけたくなるんですよね。

(取材・文/沖村かなみ)

「韓国家庭料理 はな」東京都港区白金6‐1‐3 ※営業時間、定休日は要確認

週刊朝日  2020年5月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい