「これが河井前法務相から受け取った現ナマ30万円」 市議が広島地検に提示した証拠品を公開 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「これが河井前法務相から受け取った現ナマ30万円」 市議が広島地検に提示した証拠品を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
河井克行前法相(C)朝日新聞社

河井克行前法相(C)朝日新聞社

河井前法相が手渡した現金30万円(撮影・今西憲之)

河井前法相が手渡した現金30万円(撮影・今西憲之)

病院に救急搬送された河井案里参院議員(C) 朝日新聞社

病院に救急搬送された河井案里参院議員(C) 朝日新聞社

 自民党の河井克行前法相の妻、案里参院議員(広島)が初当選した昨年7月の参院選挙を巡り、夫妻の秘書2人が公選法違反(買収)の罪で起訴された事件の捜査が急展開している。

【写真】これが河井前法相が渡した現ナマ30万円 

 夫妻が公示前に広島県議と同市議ら約30人に現金をばら撒き、その見返りに参院選で票の取りまとめを依頼していた疑いが浮上し、広島地検が一斉に任意聴取しているのだ。

「これです、克行氏が持ってきたカネは……」

 広島市議のAさんがバックから取り出した白い封筒。そこには、新札で現金30万円は入っていた。

「昨年の市議選の最中に、克行氏が事務所にきて『激励です、茶菓子代わりに』とお茶菓子のカゴにポンと置いて帰った。選挙中で忙しくて、あとで確認したら30万円も入っていた。そのうち返そうと思っていたら、案里さんの買収騒動になってしまって返しそびれてしまった」

 こううなだれるAさん。その現金は「買収」を意図する可能性があったというのだ。Aさんは3月末に広島地検の事情聴取を受けた。

「朝7時半に家のインターホンが鳴って誰かと出ると、広島地検だという。逮捕されるのか、心当たりないなと思っていたら、河井克行、案里夫妻と選挙のことという。服を着替えて、広島地検の車で検察庁に連れて行かれた」

 広島地検は河井夫妻などへの家宅捜索と取り調べで、たくさんの証拠を持っていたという。その日、7時間近く取り調べを受けたというAさん。
 白い封筒に入っていた30万円を持参し、検事に見せ、状況を説明した。
携帯電話の任意提出を求められ、応じたという。

「30万円をもらったのは、激励という趣旨だと話しました。けど、検事は『案里氏が自民党から参院選出馬することになり、その支援のための30万円』と調書に勝手に書くので『そりゃ、検事の意見でこちらは言ってないと押し問答になった。そこは削除してもらったが、検事の様子から案里氏の選挙で、河井夫妻が金配って買収に動くという狙いで捜査しているのがよくわかった。私はまんまと引っかかってしまったのかな。議員バッジを外すことも、やむなしと覚悟しています」(Aさん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい