小池百合子・東京都知事「ロックダウン」「オーバーシュート」横文字連発の陰に都議会の“ドン” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小池百合子・東京都知事「ロックダウン」「オーバーシュート」横文字連発の陰に都議会の“ドン”

上田耕司週刊朝日#新型コロナウイルス
記者会見する小池百合子・東京都知事=3月25日、撮影・上田耕司

記者会見する小池百合子・東京都知事=3月25日、撮影・上田耕司

昨年11月、会費2万円で「東京の明日を語る会」を東京都内のホテルで開いた内田茂元都議は、杖をついて現れた。小池都知事とのその後を聞くと、「話せない」とひとこと=撮影・上田耕司

昨年11月、会費2万円で「東京の明日を語る会」を東京都内のホテルで開いた内田茂元都議は、杖をついて現れた。小池都知事とのその後を聞くと、「話せない」とひとこと=撮影・上田耕司

人影がまばらだった東京・銀座=3月29日昼、撮影・由利英明

人影がまばらだった東京・銀座=3月29日昼、撮影・由利英明

「自民党内では相当、もめています。前回の16年の都知事選では、小池知事と自民党などが推薦した増田寛也・現日本郵政社長との戦いになりましたが、安倍首相は『地方の選挙にはかかわらない』と言って、選挙の応援に来なかったんです。二階さんも、東京都のことには口を出さないと発言していました。それなのに、今回は党本部が顔を出してくるというのはおかしい」(前出の自民党都議)

 都議会自民党の小宮安里政調会長は、26日の記者会見で小池知事を批判した。

「自民党本部は小池さんを支持していると言うけれど、それは党本部の見解かもしれませんが、私どもは小池さんを都知事としてふさわしいとは思っていません」

 自民党のねじれが見えた瞬間だった。

 自民党都連の深谷隆司最高顧問は、小池知事の対抗馬を探したが、見つからなかったと告白する。

「小池さんはもともとが人気がある上に、現職です。首長選挙というのは現職が圧倒的に強い。対抗馬となると、よほどのタマじゃないと勝てない。残念ながら、執行部が頑張って候補者を探したんですか、これはという人が浮かばなかった」

 さらに新型コロナウイルスの感染が拡大し、

「それどころじゃなくなった」

 と明かす。

 ただ、深谷氏は小池氏を応援するには条件があるという。

「新型コロナの問題では、日本最大の危機ですから、小池さんが都民を守ろうと努力しておられることには協力したいと思います。が、前回の都議選で、自民党は現職議員が3分の2落選しているんだから、この人たちにとっては許せないという思いがあるでしょう。来年予定されている都議選では、小池さんがかつてのように、都民ファースト一辺倒に応援するのでは困ります。知事としての中立的な立場をきちっとお考えになって、公正に行動することが大事な条件だと思っています。それと、自民党が求める政策をちゃんと受けて、都政に反映するようにしてもらいたい」

 一方、小池知事を支えてきた都民ファーストの森愛都議は、こう語る。

「小池知事は4年前、都知事選に出馬する際に、『崖から飛び降りる覚悟』と決意を表明しました。自民党が行ってきた都政のブラックボックスと戦った。それに私も共感し、都民ファーストに飛び込んだんです。小池さんには、初心を忘れないで、この4年間の都政の継続に取り組んでいっていただきたい。小池知事となり、受動喫煙防止条例の制定や、行財政の見直しで財源の確保など、都民ファーストの視点での数々の改革を高く評価しています」

 小池知事の動向に注目が集まることは間違いない。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい