「母親の日常しかやってなかった」小林麻美が電撃引退後の生活を林真理子に語る (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「母親の日常しかやってなかった」小林麻美が電撃引退後の生活を林真理子に語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林麻美(こばやし・あさみ)/1953年、東京都生まれ。72年、「初恋のメロディー」で歌手デビュー。70年代後半、資生堂、パルコなどのCMが話題に。84年、松任谷由実がプロデュースした「雨音はショパンの調べ」が大ヒット。91年、結婚を機に引退。主なアルバムに「CRYPTOGRAPH~愛の暗号~」「ANTHURIUM~媚薬」「GREY」。主な映画出演作に「野獣死すべし」「真夜中の招待状」。2016年、「クウネル」(マガジンハウス)の表紙で25年ぶりに復活。四半世紀の沈黙を破った新刊『小林麻美 第二幕』(延江浩著、朝日新聞出版)が好評発売中 (撮影/写真部・加藤夏子)

小林麻美(こばやし・あさみ)/1953年、東京都生まれ。72年、「初恋のメロディー」で歌手デビュー。70年代後半、資生堂、パルコなどのCMが話題に。84年、松任谷由実がプロデュースした「雨音はショパンの調べ」が大ヒット。91年、結婚を機に引退。主なアルバムに「CRYPTOGRAPH~愛の暗号~」「ANTHURIUM~媚薬」「GREY」。主な映画出演作に「野獣死すべし」「真夜中の招待状」。2016年、「クウネル」(マガジンハウス)の表紙で25年ぶりに復活。四半世紀の沈黙を破った新刊『小林麻美 第二幕』(延江浩著、朝日新聞出版)が好評発売中 (撮影/写真部・加藤夏子)

小林麻美さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・加藤夏子)

小林麻美さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・加藤夏子)

 80年代、抜群のセンスで憧れのミューズとなり、「雨音はショパンの調べ」で鮮烈な印象を残した小林麻美さん。極秘出産と結婚を同時に発表して、91年に突如引退してから29年。その間どんな日々を過ごしていたのか。作家の林真理子さんが迫ります。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:1年ぐらい前、近所の焼き肉屋でお目にかかりましたよね。

小林:そうそう、びっくりでした。

林:私、そのことをみんなに自慢しても、信用されないんですよ(笑)。イケメンのご子息とご一緒でしたね。

小林:私、すごい格好をしてて、ばったり林さんに会っちゃって(笑)。こういうときに限って知り合いに会っちゃうんだよなぁって。

林:あ、そのダイヤの指輪、昔からしてるやつですか?

小林:40年ぐらい、ずっとこの指輪をしてます。

林:やっぱり素敵。私の人生のハイライトのワンシーンとして、ずっと昔、ユーミンの事務所から「小林麻美さんのライナーノートを書いてほしい」って言われて、ユーミンと小林さんと3人で飯倉の「キャンティ」で会ってお食事したんです。

小林:はい、お会いしました。

林:そのとき、小林さんがダイヤの指輪をしてて、ダイヤなんて特別のときにしかしないものだと思ってたから、こんなふうにふだん使いするなんてカッコいいなと思って、そのあと私、同じスクエアタイプのダイヤの指輪をつくったんです。

小林:そうなんですか。私、生意気だったんです(笑)。

林:あのころ頂点にいるカッコいい二人が親友同士で、「和菓子を食べながらダラダラ麻美としゃべってるの」ってユーミンがエッセーに書いて。よく覚えてるでしょ(笑)。

小林:よく覚えてる。二人でいるとそれがふつう。同学年で、いろんな共通体験があったりして、なにかわからないけど、ウマが合った。

林:でも、ある時期からユーミンが小林さんのことを言わなくなったから、どうしちゃったのかなと思っていて、今度出た本(『小林麻美 第二幕』朝日新聞出版)を読ませていただいたら、「25年間ずっとユーミンのことを思い続けてた」って書いてあって、まあステキ!と思いましたよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい