大学卒業後、進路決まらず…一之輔を勇気づけた恩人の一言とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大学卒業後、進路決まらず…一之輔を勇気づけた恩人の一言とは?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「3月」。

【この記事の画像の続きはこちら】

*  *  *
 2001年3月、私は大学卒業間近。4年間、バイトと飲酒と寄席通いしかしていなかったのによく卒業できたな。たしかあの頃、英語と保健の再テストを寝坊して受け忘れ、先生から「もう君の卒業は無いからね」と告げられたものの、周りから止められるのも振り切ってマジ土下座。「やめなさいって!(汗)もういいからっ!! じゃあとりあえずレポートを提出しなさいっ!!」と追っ払われ、落語研究会の後輩の1年生にノートを写させてもらい、なんとか卒業までこぎつけたんだっけ。土下座で卒業できるなら安いもんだ。

 卒業式当日までに、落研の4年生卒業公演が控えていた。毎年、4年生が一席ずつ披露するのだが、私の代は私一人だけ。「一人だしさー、二席やってもいいかな?」と聞けば、そらぁ後輩は文句は言わない。「どーぞどーぞ、川上さん(私)のお好きなようにやってくださいまし(棒)」

 ネタは『ねずみ』と『不動坊火焔』。共に30分はある大ネタ。ひたすら稽古した。本職になってからもあんなに稽古したことはないんじゃないか? いや、それじゃダメなんだが、卒業してからの進路も決まってないし、なんとなく落語家にはなりたいとは思っているものの、ふんぎりがつかない。その焦りを誤魔化すために稽古していたようなもんで、稽古してる間は将来への不安を忘れられたのだ。

 当日の3月13日、打ち上げが終わってからの喪失感たるや。あと数日で、卒業=モラトリアムの終了。とうとう追い詰められたかんじである。周りの連中はというと、「オレは留年」「オレはバイトから何とか潜り込むつもり」と誰もまともに就職するヤツがいない。でも来月からみんなやることはあるのだ。自分にはこのままだと何もないのだな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい