コロナウイルス「PCR検査」を遅らせた“戦犯”は?

新型コロナウイルス

2020/03/13 11:30

 新型コロナウイルス感染症を巡り、政府の専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は3月9日、国内の状況について「持ちこたえている」と説明した。しかし、PCR検査は保険適用になったにもかかわらず、遅々として進んでいないのが現実だ。現場で一体、何が起こっているのか?

あわせて読みたい

  • ホリエモンも注目した新型コロナウイルスの「抗体検査」 経済活動再開のカギになる?

    ホリエモンも注目した新型コロナウイルスの「抗体検査」 経済活動再開のカギになる?

    週刊朝日

    4/13

    PCR検査代4万円のリアル「実費は1万8千円で医師の取り分は2千円、あとは手数料」東京都医師会会長明かす

    PCR検査代4万円のリアル「実費は1万8千円で医師の取り分は2千円、あとは手数料」東京都医師会会長明かす

    週刊朝日

    10/15

  • コロナ専門家会議を廃止 「日本モデル」敗北の責任者

    コロナ専門家会議を廃止 「日本モデル」敗北の責任者

    週刊朝日

    7/1

    1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    dot.

    5/19

  • “コロナ放置”の自宅死を防ぐには もう保健所はあてにならない?

    “コロナ放置”の自宅死を防ぐには もう保健所はあてにならない?

    週刊朝日

    1/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す