懲戒免職になった東須磨小学校の男性教諭がしでかした伏字にされたセクハラ行為  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

懲戒免職になった東須磨小学校の男性教諭がしでかした伏字にされたセクハラ行為 

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
外部調査委員会が発表した調査報告書

外部調査委員会が発表した調査報告書

 神戸市立東須磨小学校の教員間で起こった暴行・暴言問題で、市教育委員会は加害教員4人のうち、蔀俊(しとみしゅん)教諭(34)と柴田祐介教諭(34)を懲戒免職、女性教諭(45)を停職3カ月、男性教諭(37)を減給10分の1(3カ月)とした。同校の前校長(55)は停職3か月となった。

【写真】同僚の教諭に激辛カレーを無理やり食べさせられる男性教諭

 弁護士らで構成された外部調査委員会の報告書では、20代教員の男女4人に対するハラスメント行為は計125項目に上ったと認定。

 懲戒免職処分となった2人の男性教諭の蔀教諭は、被害教員に激辛カレーを無理やり食べさせるなど認定行為が89項目と突出していた。次いで34項目が認定された柴田教諭は、女性教員への悪質なセクハラを続けていたことが問題視された。

 13項目が認定された女性教諭は、体罰と受け取れる児童への指導も行っていた。もう1人の男性教諭の認定行為は7項目だが、被害教員に報復するような言動をしたことなどが問題視された。

 管理監督者では、パワハラ2項目が認定され、威圧的な態度で教員に接していた前校長が停職3カ月となった。

「2人が懲戒免職となったのは、認められたいじめ行為が多数あることが一番。それと報告書ではプライバシーの問題で伏せ字になり、詳細が明らかにされなかったセクハラ行為があったこと。神戸市ではセクハラ行為については、以前から厳しい姿勢をとっていることもあり、懲戒免職処分とした」(神戸市幹部)

 外部委員会の調査報告書をチェックすると、以下のような「*」で伏せ字となっている個所が複数ある。

<居酒屋「***」で、被害教員とその交際相手であるZ教員の前で「お前の彼女*****」、「******おまえの彼女と******」「どうせお前じゃ彼女に**されて終わるわ」「お前の彼女*****」と言った>

<被害教員及びZ教員に対し、********を撮影した写真を送信すると言った>


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい