高齢者問題を知る“絶妙なテキスト” 精神科医が遺した名著とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高齢者問題を知る“絶妙なテキスト” 精神科医が遺した名著とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 国際医療福祉大学教授・和田秀樹氏が選んだ“今週の一冊”は『精神科医がみた老いの不安・抑うつと成熟』(竹中星郎、朝日選書、1500円)。

*  *  *
 本書は、私にとって、老年精神医学の師である竹中星郎先生の遺作である。

 竹中先生が最初に老年精神医学に足を踏み入れ、私にとって最大の学びの場であった浴風会病院神経科(精神科と呼ばずこの名称だった)に在籍した仲間で年に一度忘年会のような形で集まるのだが、昨年の9月に逝去され、もう竹中先生の話が聞けないと思うと、ぽかりと心に穴が開いた感じがする。

 先生が1983年に出された『老いの心と臨床』は、今でも超えるものがない老年精神医学のスタンダードと言えるものだ。実際、この本は2010年に精神医学重要文献シリーズとして再発刊されている。

 その竹中先生が、高齢者の心理の真実を、一般書としてまとめられたのが本書である。

 私も、老年精神医学の道に入って30年以上経つが、本書に教えられることは多い。

 私も長年高齢者を診てきて、その個別性の大きさを知り、それを尊重することの大切さをいくつかの著書で説いてきたが、竹中先生は今の個別性、多様性以上に、それが生活史に基づくことを強調しておられる。

 もちろん、頭ではわかっていても、なかなかそこまで踏み込めない。これには反省させられた。

 本書はきわめて理論的な本なのだが、そのベースに現場の体験があるから、実践可能なのである。

 そして、その人がその人らしく生きることをサポートしていくのが、医療者やケアをする人の本分だという哲学が貫かれている。

 うつ病の人への投薬にしても「わずかの薬で今の生活を安定して過ごせるなら、建前論を押し付けない」というのは、私も最近気づいたことだ。

 本書は、もちろん精神科医や看護師、ケアスタッフにとっても、非常に勉強になるものだが、高齢者の介護をする家族、あるいは、その予備軍にものすごく役に立つものである。本書にも書かれているように、その心理的背景や一般的な特徴を把握できれば、あわてなくて済み、冷静に介護できるからだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい