青学の遅咲きランナー吉田祐也 初マラソンで学生歴代2位 気になる今後は?

2020/02/12 17:12

 2月2日に行われた「2020別府大分毎日マラソン」で、日本人トップ(総合3位)となったのは、青山学院大学4年の吉田祐也だった。初マラソンで2時間8分30秒の記録は、学生の歴代2位。現在、中央大学の駅伝監督を務める藤原正和さんが現役時代に記録したタイムに18秒及ばなかったが、遅咲きのランナーが大きな花を咲かせた。

あわせて読みたい

  • 箱根駅伝で王者奪還を狙う青山学院大の原晋監督が期待を寄せる4年生の結束力

    箱根駅伝で王者奪還を狙う青山学院大の原晋監督が期待を寄せる4年生の結束力

    週刊朝日

    1/2

    東京マラソン 箱根路を沸かせた“あの選手”はリオ五輪切符を勝ち取れるか?

    東京マラソン 箱根路を沸かせた“あの選手”はリオ五輪切符を勝ち取れるか?

    dot.

    2/27

  • 全日本大学駅伝の注目は? 大迫傑の大学時代を上回る逸材も

    全日本大学駅伝の注目は? 大迫傑の大学時代を上回る逸材も

    週刊朝日

    10/31

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

  • 箱根駅伝に慶応、東大も参戦 “文武両道ランナー”の実力は

    箱根駅伝に慶応、東大も参戦 “文武両道ランナー”の実力は

    AERA

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す