認知症と間違われやすい…「シニアの発達障害」の実態とは?

ヘルス

2020/01/25 16:00

 最近、よく聞かれるようになった「発達障害」という言葉。子どもや若い世代の話と捉えられがちだが、シニア世代も例外ではない。実際は発達障害なのに、認知症と誤診される例も見られている。実態に迫った。

あわせて読みたい

  • シニアの発達障害 会社をやめ、状態が不安定になるケースも

    シニアの発達障害 会社をやめ、状態が不安定になるケースも

    週刊朝日

    2/3

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

  • 地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    BOOKSTAND

    12/2

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

  • 「認知症かも」と思ったら「シニアの発達障害」だった…定年後に症状が悪化する理由も総力取材!週刊朝日2/1発売

    「認知症かも」と思ったら「シニアの発達障害」だった…定年後に症状が悪化する理由も総力取材!週刊朝日2/1発売

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す