84歳の超熟女AV女優 80歳超で初撮り、息子は「好きにやってくれ」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

84歳の超熟女AV女優 80歳超で初撮り、息子は「好きにやってくれ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子週刊朝日#シニア
小笠原祐子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

小笠原祐子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

昭和34年に明治記念館で結婚式を挙げた。小笠原さん23歳、夫が24歳の時のこと(本人提供)

昭和34年に明治記念館で結婚式を挙げた。小笠原さん23歳、夫が24歳の時のこと(本人提供)

 アダルトビデオ(AV)業界には、何千人ものAV女優がいると言われている。そんな中、81歳でデビューし、84歳の今も現役の“超熟女AV女優”がいる。彼女はなぜこの世界に飛び込んだのか?

【写真】美しき23歳の頃の小笠原さん

*  *  *
「小笠原さんのデビュー作品発売前にインターネットで告知したら、その当日に、『とうとう80代が出ましたね! 絶対買います!!』という熱心なお客さんの電話がかかってきました」

 そう話すのは、当時81歳だった小笠原祐子さん(84)のデビュー作を手掛けた老舗熟女AVメーカー「ルビー」制作部の川邊琢磨さん。年1~2作のペースで小笠原さん主演の新作を制作し、昨年11月にも「お婆ちゃん逆ナンパ」が発売された。

 同社は50~80代の女性が出演する熟女ものに特化しており、購入者も60~90代の男性が中心。感想を熱く綴った手紙が届いたり、電話がかかってきたりするという。

「若いAV女優の作品は発売直後に一気に売れてそれまで。でもお婆ちゃんものは何年も売れ続けます。ようやく熟女ものにたどり着いたお客さんが、昔の作品を買ってくれるんです。もちろん小笠原さんの作品は人気があるから、出演をお願いしています」(川邊さん)

 熟女ものを多く手掛ける同社でも、80歳を超えてデビューするのは初めて。なぜ小笠原さんは81歳でAVの世界に飛び込んだのか?

 昭和10年生まれの小笠原さんは、大手保険会社勤務の父と、しつけに厳しい専業主婦の母のもとに生まれ、箱入り娘として育てられた。有名女子短大を卒業し男性との交際経験がないまま、父と同じ会社で働いている時に夫となる人と出会う。

「京都大学でアメフトをやっていたイケメン! 初めて関係を持ったのも結婚してから。子どもを3人産んだけど、出産時以外は毎日“おつとめ”があったの。朝とか一日に何回も、という時もありました。他の夫婦がどうなのかなんて知りようがないから、私はそれが当たり前だと思ってたの」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい