NHK「安楽死」番組に波紋…障害者支援団体が問題視する点とは?

2019/12/20 08:00

 医師の幇助による自殺が認められているスイスに渡った難病患者を取材したNHKのドキュメンタリー番組が波紋を呼んでいる。障害者・難病患者の支援団体が放送倫理上問題があるなどとして声明を出した。医療ジャーナリスト・福原麻希氏が問題点とその背景を取材した。

あわせて読みたい

  • 「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    週刊朝日

    12/6

    安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    週刊朝日

    1/31

  • 人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    AERA

    9/26

    生きていても価値がない「病気以上の絶望」 ALS患者への嘱託殺人は時代の反映

    生きていても価値がない「病気以上の絶望」 ALS患者への嘱託殺人は時代の反映

    AERA

    8/4

  • 上野千鶴子「人間、役に立たなきゃ、生きてちゃ、いかんか」

    上野千鶴子「人間、役に立たなきゃ、生きてちゃ、いかんか」

    週刊朝日

    12/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す