萩生田文科相 殺人事件を起こし、指名停止になった後援企業から献金 追及【第2弾】 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

萩生田文科相 殺人事件を起こし、指名停止になった後援企業から献金 追及【第2弾】

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之 上田耕司 週刊朝日
萩生田文科相(C) 朝日新聞社

萩生田文科相(C) 朝日新聞社

大学入試改革の中止を求め、抗議の声が上がっていた=2019年9月、東京・霞が関

大学入試改革の中止を求め、抗議の声が上がっていた=2019年9月、東京・霞が関

 大学入学共通テストでの記述式問題の延期を発表した萩生田光一文部科学相については、「政治とカネ」を巡る問題も発生している。本誌は先週号で、萩生田氏が地元の有権者を対象にグラウンドゴルフ大会などスポーツイベントを開催し、赤字分を補てんしていた事実を報じた。その行為が公職選挙法や政治資金規正法に違反する可能性があることを指摘したが、さらなるカネ絡みの「疑惑」が浮上している。

【写真】大学入試改革の中止を求め、抗議の声が上がっていた

 萩生田氏の地元・東京都八王子市にA社というビルメンテナンス会社がある。萩生田氏の後援者として地元では有名で、同社代表取締役会長が運営するブログを見ると、会長は萩生田氏の政治団体「はぎうだ光一後援会」の事務局長などを務めていることがわかる。17年12月27日のブログには、自民党本部で執務する萩生田氏の写真を添えて、次のように記している。

<久しぶりに自民党本部に行って来た。そして、自民党幹事長代行の萩生田光一衆議院議員と会ってきた。中々時間が合わなかったので、昼に合わせて打ち合わせをしてきたのだ>(肩書は当時)

 14年4月には「桜を見る会」に出席したことも報告している。そんな萩生田氏にとっての蜜月企業に“凶行”が起きたのは、同年6月のことである。A社の社員ら3人が、知人の男性(当時33)を市営プールの事務所に呼び出し、バットで殴打するなどして殺害。プール近くに遺体を埋めたとして、警視庁高尾署は出頭してきたA社社員を殺人と死体遺棄容疑で逮捕した。動機は交友関係のトラブルが原因で、現場となった市営プールは同社が市から指定管理業務を請け負っていた。

 元八王子市議の山口和男氏が事件当時を振り返る。

「八王子市の公共施設で起きた事件ですから、市議会でも取り上げられました」 特に問題になったのは、市の請負業務に係る指名停止処分が14年9月から12月までのわずか3カ月間だったことだ。山口氏は当時、この問題を議会で追及したという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい