“苦難”の純烈、紅白出場! やっぱり「おばちゃんが原動力です」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“苦難”の純烈、紅白出場! やっぱり「おばちゃんが原動力です」

松岡かすみ週刊朝日
純烈 (COVER STAFF 撮影/馬場道浩、ヘアメイク/平笑美子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

純烈 (COVER STAFF 撮影/馬場道浩、ヘアメイク/平笑美子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

ライブ中、メンバー全員が客席を回り、一人ひとりと握手。ファンの笑顔がひときわ輝く瞬間だ (撮影/写真部・東川哲也)

ライブ中、メンバー全員が客席を回り、一人ひとりと握手。ファンの笑顔がひときわ輝く瞬間だ (撮影/写真部・東川哲也)

ファンの必携グッズであるペンライトは一つ2800円(税込み)。ライブ中、ペンライトを片手にはしゃぐファンは、まるで少女のよう (撮影/写真部・東川哲也)

ファンの必携グッズであるペンライトは一つ2800円(税込み)。ライブ中、ペンライトを片手にはしゃぐファンは、まるで少女のよう (撮影/写真部・東川哲也)

酒井:本当にそう。紅白出場を決めて、ファンに安心してほしいというのが本音。やっぱり(1月のメンバー脱退で)心配をかけたという気持ちがずっとあって。紅白は僕らにとっても、すごく大きな意味を持つ象徴的なものなので、あのお祭りにまた名を連ねたいと切実に思います。去年の紅白出場決定のニュースにも、ファンの方は想像よりはるかに喜んでくれた。喜ぶ画(え)が目に浮かぶんです。電車で泣いちゃう姿とか、家で掃除や洗濯を張り切ってる姿とか。ファンは、もはや家族ですね。

──今年はどんな一年だったか。

白川:結成して12年経ちますが、今年ほどぐちゃぐちゃな一年はなかったです。ジェットコースターで頂点まで登ったと思ったら、いきなりドーンと突き落とされて、また徐々に登っていって……というような、目まぐるしい一年でした。

小田井:本当にね。俺は家族について深く考えた年でもあったな。スウェーデンで結婚式したり、プライベートでも大きなことがあったし。こんなに家族のことを考えた年は初めてかも。

酒井:小田井さんも成長したなあ。

白川:成長したって言っても、もう小田井さん48歳ですよ(笑)。

後上:ハハハ。だけど、何か見たくないことがある時は、見ないで前を向いて進むこともできるんだと思った。いろんなことがあったけど、幸いなことに次の日の仕事はあって、仕事がなくならなかったという幸せがある。その積み重ねでやってきた気がします。昔は、「困難は立ち向かってこそ」みたいな力の入り方があったけど、そういうのがなくなったかな。しんどい時は、なるべく考えない。それでも走り続けているうちに、どこかに進んでいくものなんだと知りました。

酒井:うん。結果的に、みんな楽しんでたと思う。振り返ってみると、仕事がない昔のほうがつらかった。今は大事なファンの皆さんもいるし、ありがたいことに仕事もあるし、その上に小田井さんが結婚したり、白川が新車買ったり、今までの頑張りで今があると思う。

白川:そこ、何で新車が並んじゃうの(笑)。

酒井:ハハハ。だけど年がら年中一緒にいるだけあって、4人が完全に同じ方向を向いてるよね。そこに言葉は必要ない。待ってるお客さんに対して4人で立ち向かう。それだけです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい