景品にどう? 服だけでなく…山田美保子おすすめの“脱臭機” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

景品にどう? 服だけでなく…山田美保子おすすめの“脱臭機”

連載「楽屋の流行りモノ」

山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「コンパクト脱臭機」は、臭いがついた衣類だけでなく、洗いにくいカバンや小物の脱臭にも使用できる。水からできた微粒子イオン「ナノイーX」が不快な臭いを抑える。想定価格1万円前後(税抜き、編集部調べ)、家電量販店などで購入可能。11月20日発売。

「コンパクト脱臭機」は、臭いがついた衣類だけでなく、洗いにくいカバンや小物の脱臭にも使用できる。水からできた微粒子イオン「ナノイーX」が不快な臭いを抑える。想定価格1万円前後(税抜き、編集部調べ)、家電量販店などで購入可能。11月20日発売。

 こんなに小さいのに吹き出し口は2カ所。もちろん「ナノイーX」が衣類の隅々までいきわたってくれるので、手軽に脱臭できるのだ。

 たとえば、トレードマークの衣装をほぼ毎日着なければならないのに、そんなに替えを揃えられない若手芸人らには特にオススメ。

 情報番組などでも、役割が与えられたアナウンサーが同じ衣装を着せられる場合や、番組や局のマスコットの着ぐるみなど、臭いに悩まされるケースは少なくない。

 そんなときにも「脱臭ハンガー」同様、「コンパクト脱臭機」は大活躍なのだ。

 ここまでだと、なんだか男性のほうが喜ぶようなモノに思われるかもしれないが、たとえば、これからの時期、活躍頻度が高くなるわりにはクリーニングの機会が少ないストールやマフラー。さらには、それこそクリーニングをしてもらおうと思ったら、料金が嵩(かさ)んでしまうバッグやカバンの内側の臭いをとってくれるのは本当に助かると思う。

 価格も1万円前後と、ちょっとした景品として出すにも、プレゼントとしても最適。流行りモノならぬ「流行るモノ」なのだ。

週刊朝日  2019年11月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい