追悼・和田誠さん 妻の平野レミさんとは1週間で結婚、紹介したのは久米宏さんだった (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

追悼・和田誠さん 妻の平野レミさんとは1週間で結婚、紹介したのは久米宏さんだった

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
和田誠さん(左)と平野レミさん夫妻(撮影/写真部・岡田晃奈)

和田誠さん(左)と平野レミさん夫妻(撮影/写真部・岡田晃奈)

 日本を代表するイラストレーターの和田誠さんが今月7日、83歳で死去した。妻は明るいキャラクターで人気の料理愛好家・平野レミさんで、和田さんはレミさんを見守る“愛妻家”として多くの逸話を持っていた。

 二人の出会いは、和田さんがラジオでレミさんの声を聞き「一目ぼれした」ことがきっかけだったという。2014年に週刊朝日で行われた夫婦対談から、二人の“なれそめ”を再録して紹介する。

*  *  *
和田:そう、久米宏とやっていた番組。

平野:久米さんと知り合いだったから頼んだんでしょ。

和田:でも「一緒にやってる子を紹介してよ」って言ったら、久米さんが「やめときなさい」って言うんだ。

平野:ワッハッハ。

和田:しゃあないなって、知り合いのディレクターに頼んだの。そしたら今度は「紹介してもいいけど、責任持ちませんよ」って(笑)。

平野:みんな私のことダメな人って思って紹介しなかった。ね、和田さん、私のどこがよかったの?

和田:前に言っただろ。ラジオの前にテレビ番組を見たの。生放送でピアノの前で一人で歌ってたんだけど、歌い始めたらすぐやめてやり直したんだ。

平野:声が出なかったから。

和田:そういうふうには思えなかったんだよ。それで「こういう歌手は珍しいな」と思った。生放送で急に「ストップ」とか言ってね。

平野:じゃあ、珍しい人が好きだったんだ?

和田:いや単に珍しいだけじゃなくて、それがなかなかチャーミングだったのさ。

平野:(大声で)あらちょっとお父さん! 40年で初めてそんな言葉聞いた! 私がチャーミングなんて!

和田:うん。しぐさとか言い方とかね。おもしろい子だなと思ったんだね。

平野:へえ~~~。

和田:それで「責任持たなくてもいいから」って言って紹介してもらったんですよ。TBSの地下のしゃぶしゃぶの店で飯を食った。そしたら料理を運んできた仲居さんに、この人、「この付けるタレ、何でできてるの?」って聞いたんだ。で、この人は料理ができる人だ、この人の料理はうまそうだなと思ったんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい