セクシー発言が注目 小泉環境相の英語力は「国益を左右しかねない」? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セクシー発言が注目 小泉環境相の英語力は「国益を左右しかねない」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#安倍政権
国連気候行動サミット会場の小泉進次郎環境相=ニューヨーク (c)朝日新聞社

国連気候行動サミット会場の小泉進次郎環境相=ニューヨーク (c)朝日新聞社

 9月22日、ところは花のニューヨーク。国連気候行動サミットで、小泉進次郎環境相が英語で語った発言が波紋を呼んだ。

「気候変動のような大きな規模の問題に取り組むことは、楽しく、クールで、セクシーに違いない」

 アメリカ政治が専門の早稲田大学の中林美恵子教授はこう語る。

「セクシーという言葉は『ちょい悪』な感じを含んでいますが、アメリカでは学会やシンポジウムでさえ、時おり使われています。おカタい局面で、あえてセクシーという言葉を発することで場をなごませ、あるいはドキッとさせて注目を集めるんです」

 そもそも、このセクシー発言。進次郎氏のそばにいた国連気候変動枠組み条約前事務局長の女性の発言を引用してのもの。

「彼女はセクシーという言葉を非常に深い意味を持って使おうとしていたわけです。それを借りてきたわけですから、彼女の深い意味をもお借りした、ということ。そのへんを大臣が十分理解していたのかどうかはわかりません」

 進次郎氏はコロンビア大学に留学したことがあるそうだが……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい