注目のホラー監督による全米大ヒット新作「Us アス」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

注目のホラー監督による全米大ヒット新作「Us アス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
監督 ジョーダン・ピール/TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中/116分 (c)Universal Pictures

監督 ジョーダン・ピール/TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中/116分 (c)Universal Pictures

監督 ジョーダン・ピール/TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中/116分 (c)Universal Pictures

監督 ジョーダン・ピール/TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中/116分 (c)Universal Pictures

 2017年、監督、脚本、製作を務めた「ゲット・アウト」が世界中で大ヒットし、ホラー映画ながらアカデミー賞に作品賞を含め4部門ノミネートされ、アフリカ系アメリカ人初の脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督による待望の新作だ。

【写真】映画「Us アス」の場面写真をもっと見る

 1986年、カリフォルニア州サンタクルーズ。子供だったアデレードは両親と遊園地に出かけるが、迷子になってしまい、いつの間にかミラー・ハウスに迷い込む。しかし、鏡に映っていたのは……。

 そして現在。大人になったアデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ(ウィンストン・デューク)と娘と息子の4人で、夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたサンタクルーズの家を訪れる。早速ビーチに行くが、不気味な偶然に見舞われたことで、過去の未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて家族の身に恐ろしいことが起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”がやってきて……。

本作に対する映画評論家らの意見は?

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
少女の日に奇妙な体験をした女性が夫と2人の子がいる母になったとき、自分たちにソックリの家族が不気味な赤服姿で出現する。しかも悪意をこめて。斬新なドッペルゲンガー・ホラーで、怖さを感じる前に背筋がゾクゾク。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい