テレビを見て俳優に? 小倉久寛、SETとの40年

2019/09/09 11:30

 50年前に思い描いた未来予想図とは、まったく違う場所にいる。俳優・小倉久寛さんが10代の頃、「役者になろう」などと思った瞬間は一度もない。大学4年のとき、中村雅俊さん主演の連続ドラマ「俺たちの祭」を観たことが、芸能界に入るきっかけになった。

あわせて読みたい

  • コロナ後の“笑い”は? 三宅裕司、YouTube挑戦と劇場再開への想い

    コロナ後の“笑い”は? 三宅裕司、YouTube挑戦と劇場再開への想い

    週刊朝日

    6/7

    三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    週刊朝日

    6/7

  • 三宅裕司「芸人にとっては一番の褒め言葉」“フラがある”とは?

    三宅裕司「芸人にとっては一番の褒め言葉」“フラがある”とは?

    週刊朝日

    10/16

    三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    AERA

    7/15

  • 漫画家志望だった寺脇康文 運命を変えた“何枚かの1万円札”

    漫画家志望だった寺脇康文 運命を変えた“何枚かの1万円札”

    週刊朝日

    7/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す