「天気の子」など興収100億円映画が3作も 今年が大豊作だった理由 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「天気の子」など興収100億円映画が3作も 今年が大豊作だった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方麦週刊朝日
公開中の「天気の子」が興収100億円を突破した新海誠監督(C)朝日新聞社

公開中の「天気の子」が興収100億円を突破した新海誠監督(C)朝日新聞社

  今、映画館がにぎわっている。ただの盛況じゃない。9年ぶりの大盛況である。映画「天気の子」が8月21日までに興行収入100億円を突破した。新海誠監督は、2016年公開の前作「君の名は。」に続く邦画100億円突破となった。映画ジャーナリストの大高宏雄さんはこう言う。

「『君の名は。』は、興収250億円を超えています。当然、次作としてファンも期待していましたし、それにふさわしい(出来栄え)。私もおもしろく見させてもらいました。関心が持てる内容を作ったと思います」

 家出少年の帆高は、東京でオカルト雑誌のライター職に就く。雨ばかりの陰鬱な天気が続くなか、帆高は弟と二人で暮らす明るい少女・陽菜と出会うが、彼女はある不思議な力を持っていた――というあらすじだ。

 前作に引き続き、若い世代に絶大な人気を誇るロックバンド・RADWIMPSが音楽を担当したことも、好調要因と言えるだろう。邦画の100億円突破はこれが10作目。直近10年間で成し遂げたのは、「君の名は。」と「風立ちぬ」(13年、興収120.2億円)だけだった。

「確実に前作からの流れがあり、その強さは大きい。100億円を達成したことで、前作がいかに強かったかの逆証明をした、とも言えるでしょう」(大高さん)

 実はこの興収100億円という大台、年に0~2作という状況がしばらく続いていたが、今年は9年ぶりに3作が並び立つ勢いなのだ。

 6月7日公開の「アラジン」が、8月25日時点ですでに120億円を突破。さらに、シリーズ9年ぶりの新作となった「トイ・ストーリー4」が同日時点で93億円を突破しており、100億円突破は時間の問題だ。大高さんは、「確実に100億円を超えます」と断言した上で、こう続けた。

「この作品も、前作の印象が強いのでしょう。『トイ・ストーリー3』は2010年公開で、興収108億円を記録しました。内容が圧倒的に良かった。9年経っても期待値が高いのはうなずけます」

 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい