“加藤の乱”を鎮圧 吉本の大崎会長、岡本社長が強気な理由

2019/07/27 13:00

 反社会的勢力との“闇営業”問題を巡って崩壊の危機にさらされている吉本興業。岡本昭彦社長の謝罪会見はグダグダでかえって信頼を失った。お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次ら芸人からも、経営トップの退陣を求める動きがあったが、吉本は経営体制を維持する方針だ。世論の批判をものともせず“強硬路線”を選んだことで、“加藤の乱”は鎮圧されたようだ。

あわせて読みたい

  •  宮迫と田村が爆弾発言でクーデター 吉本激震「会見したらクビだと岡本社長に言われた」

    宮迫と田村が爆弾発言でクーデター 吉本激震「会見したらクビだと岡本社長に言われた」

    週刊朝日

    7/20

    「僕は残る」ロンブー田村淳が残留宣言 それでも吉本興業への逆風がやまない理由

    「僕は残る」ロンブー田村淳が残留宣言 それでも吉本興業への逆風がやまない理由

    週刊朝日

    8/1

  • 松本人志の爆弾発言で吉本社長会見へ「全部わかると、何だったかとなりかねない」(関係者)

    松本人志の爆弾発言で吉本社長会見へ「全部わかると、何だったかとなりかねない」(関係者)

    週刊朝日

    7/21

    松本人志、さんまが終息宣言  それでも残る吉本の本質的な問題

    松本人志、さんまが終息宣言 それでも残る吉本の本質的な問題

    週刊朝日

    8/11

  • 「宮迫の主張は事実と違う」吉本が経過公表するもグタグタ 岡本社長は号泣し謝罪 処分撤回、復帰呼びかけ

    「宮迫の主張は事実と違う」吉本が経過公表するもグタグタ 岡本社長は号泣し謝罪 処分撤回、復帰呼びかけ

    週刊朝日

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す