“加藤の乱”を鎮圧 吉本の大崎会長、岡本社長が強気な理由 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“加藤の乱”を鎮圧 吉本の大崎会長、岡本社長が強気な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル、上田耕司、池田正史、多田敏男週刊朝日
会社を辞める宣言がトーンダウンした加藤浩次 (c)朝日新聞社

会社を辞める宣言がトーンダウンした加藤浩次 (c)朝日新聞社

グダグダ会見でも辞めない方針の吉本興業の岡本昭彦社長=撮影・多田敏男

グダグダ会見でも辞めない方針の吉本興業の岡本昭彦社長=撮影・多田敏男

吉本から「契約解消の撤回の撤回」をちらつかせられた宮迫博之=撮影・今村拓馬

吉本から「契約解消の撤回の撤回」をちらつかせられた宮迫博之=撮影・今村拓馬

 反社会的勢力との“闇営業”問題を巡って崩壊の危機にさらされている吉本興業。岡本昭彦社長の謝罪会見はグダグダでかえって信頼を失った。お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次ら芸人からも、経営トップの退陣を求める動きがあったが、吉本は経営体制を維持する方針だ。世論の批判をものともせず“強硬路線”を選んだことで、“加藤の乱”は鎮圧されたようだ。

【写真】笑ってはいけない!藤原副社長も神妙な顔で発言…

「僕もああいう発言をして、いろんな方としゃべらせていただいて、これからいろいろ決まっていくのかな。僕もいま冷静に、あのときは熱くなった部分もあるから。まだまだ全然時間かかりますよ。ああやって言ったことは僕の責任で悪いところもあるが、そういう気持ちですから。どういう風に和解という形になるのかわかりませんけど、時間をかけて話をしようと思っています」

 宮崎サンシャインFM「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ」に、7月26日夜出演した加藤。相方の山本の「どうなってんの吉本さんと」という突っ込みにこう答えた。

 加藤は自らがMCの日本テレビ系の情報番組「スッキリ」で、22日午前、岡本社長の会見に先立って、「このままの体制が続くならこの会社を辞める」と言い切った。

 山本はこの辞める発言を事前に知らされておらず、番組を見てびっくりしたという。加藤も番組終了後に知らせていなかったことに気づき、すぐにメールしたという。

 その文面を山本はラジオでこう明かした。

「俺、吉本辞めるかもしれん。申し訳ない」

 テレビの生放送で自らのクビをかけ、経営トップに退陣を迫るという威勢のいい主張をした加藤。22日午後の岡本社長のグダグダ会見もあって、視聴者らの支持を集めた。

 加藤の主張や岡本社長の会見を受けて、複数の芸人が会社への批判をツイッターなどに投稿。平成ノブシコブシの吉村崇はツイッターで7月22日に、「僕は北海道の人間です 何かあった時は北海道の人について行きます」と、北海道出身の加藤への支持を鮮明にした。

“加藤の乱”は世論の後押しもあって一時は成功するかに見えたが、本人がラジオで語ったように大きくトーンダウン。加藤を支持する芸人の動きも広がらなかった。

 なぜ加藤は敗れたのか。吉本はもともと、岡本社長や大崎洋・吉本興業ホールディングス会長の退陣は想定していなかった。加藤と大崎会長は7月23日に話し合い、会社側として退陣要求を検討するそぶりも見せたが、実際は経営トップの続投方針は固まっていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい