れいわの“山本太郎旋風”続く 参院選後は俳優に復帰? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

れいわの“山本太郎旋風”続く 参院選後は俳優に復帰?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
「れいわ新選組」の山本太郎代表 (c)朝日新聞社

「れいわ新選組」の山本太郎代表 (c)朝日新聞社

 旋風はどこまで続くのか。

 7月21日投開票の参院選で、東京選挙区ではなく比例区から立候補すると表明した政治団体「れいわ新選組」代表の山本太郎参院議員(44)。有権者をさらに驚かせたのは、比例区で優先的に当選できる「特定枠」の1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦氏(61)、2位に重度障害のある木村英子氏(54)を充てたことだ。

【写真】忘れられない!俳優時代の山本太郎がこちら

 山本氏が再選を果たすには、れいわが比例区で少なくても3議席を獲得しなければならない。

 政治評論家の小林吉弥氏はこう語る。

「比例での当選は1人約100万票必要。つまり、山本氏が当選するためには、最低でも300万票が必要。党内で、独自の世論調査を行い、比例でどれくらいの支持が集まるかも予測しているが、その数字は200万票弱。うまくいけば、2人という計算。さらに票を集めるためには、東京以外に、大都市でどれだけ多く回れるかでしょう」

 山本氏は「目標議席は5。政党要件をクリアしたい」と述べている。今回、れいわは候補者10人のうち9人を比例区、1人を東京選挙区に擁立した。公職選挙法上、【1】国会議員5人以上【2】選挙区か比例区で2%以上得票……のいずれかで、政党要件を満たす。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい