歌丸師匠の追悼展示会開催 「笑点」が今も愛される理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歌丸師匠の追悼展示会開催 「笑点」が今も愛される理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日
歌丸さんの日傘も展示予定

歌丸さんの日傘も展示予定

 50年以上続く長寿番組「笑点」(日本テレビ系)で6月30日の放送直後、19歳下の一般女性との結婚を生報告した司会の春風亭昇太さん(59)。笑点メンバーからはユーモアたっぷりの祝福コメントが送られた。

 この日は昨年亡くなった前司会者・桂歌丸さん(享年81)の命日の2日前。ゆかりの地である横浜橋通商店街(横浜市南区)の協同組合理事長で、歌丸さんの“よろず薬剤師”だった高橋一成さんは、「師匠は普段から『早く結婚せい』って言っていた。喜んでいると思う」と話す。

 同商店街では、7月17日から3日間、無料で追悼展示会を開く。高座で使用した着物や扇子、手ぬぐいなど20点ほどを展示する。

「歌丸師匠が亡くなったときに献花台を設けたのですが、1週間で1万人以上の方が献花に来られました。今回の展示会はそうした皆さんへの感謝の意を込めています」(高橋さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい