シニアの“赤字生活”をどうする? 使うべき「高齢者割引」とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シニアの“赤字生活”をどうする? 使うべき「高齢者割引」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
池田正史週刊朝日#お金#シニア
イオン系列店で使える「ジージーワオン」カード、セブン&アイ・ホールディングスの「シニアナナコ」カード、東京都シルバーパス

イオン系列店で使える「ジージーワオン」カード、セブン&アイ・ホールディングスの「シニアナナコ」カード、東京都シルバーパス

シニア向けの主な割引・優遇サービス 1/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 1/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 2/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 2/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 3/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 3/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

 人生100年時代、お金が不安という人も多い。そんな人にぜひ知ってもらいたいのが高齢者向けの割引・優遇サービス。うまくいけば、月数千円から数万円はお得になることも。

【シニア向けの主な割引・優遇サービスはこちら】

「年金が目減りするなか寿命は延びて、高齢者の生活は苦しくなっています。余裕のある暮らしを実現するには、やれる節約はなんでもやるべきです」

 老後の家計について詳しい、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんはこう指摘する。

 総務省の家計調査によると、高齢夫婦無職世帯の平均月収は20万9198円。これに対し支出は26万3717円で、毎月5万円を超える赤字。収入のほとんどは年金が占めるため増えにくい。赤字は預金などを取り崩して埋めている。10月には消費増税が予定され、社会保険の負担も増えている。老後の暮らしの不安は高まるばかりだ。

 畠中さんの言うように、節約を徹底して乗り切るしかない。そこで注目されるのが、企業などが提供している高齢者向けの割引・優遇サービス。

 節約アドバイザーとして知られるファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんは、こう話す。

「高齢者は企業にとって大事な消費者層です。割引・優遇サービスの種類は広がっています。最近は対象となる年齢についても、50代以上など60、70代から引き下げる傾向があります」

 まず外せないのが、普段から利用するスーパーなどのサービスだ。

 セブン&アイ・ホールディングスは、60歳以上限定の「シニアナナコ」カードを発行している。事前にお金をチャージすることで、電子マネーとして使える。それに加え、イトーヨーカドーで毎月15、25日に実施する「シニアナナコデー」には5%割引を受けられる。

 イオン系列店で使える55歳以上限定の「ジージーワオン」カードもある。毎月15日の「ジージー感謝デー」には5%割引がある。

 スーパーでは割引のほかに購入額に応じてポイント還元も受けられる。イオン系列店では、65歳以上向けの「ゆうゆうワオン」がある。感謝デーに3千円以上の買い物で、「ワオンポイント」が100ポイントもらえる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい