16連敗してもヤクルトは大丈夫 交流戦次第で一気に上昇気流へ

2019/06/05 10:01

 5月14日からセ・リーグ・ワーストタイ記録の16連敗を喫したヤクルト。6月2日のDeNA戦(横浜)で中4日で先発登板した原樹理が七回途中1失点と踏ん張って連敗を止めたが、まだチーム状況が上向いているとは言えない。

あわせて読みたい

  • 最下位低迷で自力優勝消滅のヤクルト 次期監督に宮本慎也ヘッドの声も

    最下位低迷で自力優勝消滅のヤクルト 次期監督に宮本慎也ヘッドの声も

    週刊朝日

    7/3

    交流戦では大谷翔平の「リアル二刀流」に注目! ラミレスDeNAは昨年のリベンジなるか?

    交流戦では大谷翔平の「リアル二刀流」に注目! ラミレスDeNAは昨年のリベンジなるか?

    dot.

    5/30

  • ヤクルト逆襲の予感…16連敗後にもチームに充満する“一体感” 【燕軍戦記】

    ヤクルト逆襲の予感…16連敗後にもチームに充満する“一体感” 【燕軍戦記】

    dot.

    6/11

    “混セ”を制するのはヤクルト? 優勝した3年前と状況が酷似【菊田康彦】

    “混セ”を制するのはヤクルト? 優勝した3年前と状況が酷似【菊田康彦】

    dot.

    6/24

  • ヤクルトは“過去最大級の補強”でも不十分? 2年連続最下位から脱出するカギは…

    ヤクルトは“過去最大級の補強”でも不十分? 2年連続最下位から脱出するカギは…

    dot.

    3/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す