親指を刺激すると脳が活性化? 手と認知症の関係 

「健脳」養生法――死ぬまでボケない

ヘルス

2019/04/22 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「手指を刺激しよう」。

あわせて読みたい

  • ボケ予防に効果的!? 誰でもできるカンタン

    ボケ予防に効果的!? 誰でもできるカンタン"親ゆび刺激法"

    BOOKSTAND

    12/16

    腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性
    筆者の顔写真

    帯津良一

    腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性

    週刊朝日

    4/1

  • 指圧・マッサージと認知症予防はいい関係? 帯津医師の見解
    筆者の顔写真

    帯津良一

    指圧・マッサージと認知症予防はいい関係? 帯津医師の見解

    週刊朝日

    10/8

    認知症リスクを低下させる「親指パチン」って? 医師に聞いた!

    認知症リスクを低下させる「親指パチン」って? 医師に聞いた!

    週刊朝日

    6/17

  • 脳だけの問題ではない? 漢方から見た認知症の四つの原因
    筆者の顔写真

    帯津良一

    脳だけの問題ではない? 漢方から見た認知症の四つの原因

    週刊朝日

    9/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す