わざと? 無意識? 「平成最後の月9」はフジテレビドラマあるある満載

てれてれテレビ

カトリーヌあやこ

2019/04/19 11:30

 朝の出勤時、無気力にエレベーターで語り合う放射線技師たちのギュッと詰まった絵。そこから放射線科の机に、それぞれが座るシンメトリーな構図。

 やる気の無いプロ集団に飛び込んでくる異分子(主人公)が、やがて周囲に変化をもたらす群像劇。八嶋智人による視聴者に語りかけるようなナレーション。

「誰かが言っていた。写真には二つの力がある」

 これは、なんたって「王様のレストラン」(水曜劇場枠だけど、鈴木雅之演出)の森本レオのナレーション「誰かが言った。最も優秀なシェフは恋をしているシェフと」を思い出す。

 平成のフジテレビドラマは元気だった。昭和から平成に変わる頃、月9はラブストーリーの代名詞になった。おしゃれな男女が、やたらおしゃれな部屋に住み、恋をする物語を、みんなワクワク見ていた時代。

 やがて月9からも恋愛要素は薄れ、他のドラマ枠と変わらぬ推理ものや医療ものが続く。新時代が来たら、いつかドラマ枠ですらなくなるかもしれないけれど、「それはまた別の話」。

週刊朝日  2019年4月26日号

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    dot.

    10/4

    月9「ラジエーションハウス」では描かれないもう一つの放射線科 がんと戦う放射線治療

    月9「ラジエーションハウス」では描かれないもう一つの放射線科 がんと戦う放射線治療

    dot.

    4/29

  • 「芝居をしないなかで生きていたい」 窪田正孝の芝居論

    「芝居をしないなかで生きていたい」 窪田正孝の芝居論

    AERA

    4/22

    マンウィズ、月9ドラマ主題歌に決定&本日21時から放送のドラマで初解禁へ

    マンウィズ、月9ドラマ主題歌に決定&本日21時から放送のドラマで初解禁へ

    Billboard JAPAN

    4/8

  • 大変さもアクシデントも経験値 月9撮影中の窪田正孝が語る「ケガの功名」

    大変さもアクシデントも経験値 月9撮影中の窪田正孝が語る「ケガの功名」

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す