難関大合格率No.1高校は? 「東大一極集中」の超有名校! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

難関大合格率No.1高校は? 「東大一極集中」の超有名校!

このエントリーをはてなブックマークに追加
筑波大附属駒場高校 (撮影/多田敏男)

筑波大附属駒場高校 (撮影/多田敏男)

【東大・京大と難関国立8大学の合格率ランキング 1位~25位】
<表の見方>
東大と京大の合格者総数に難関国立8大学合格者数の合計を加えた合格率の高い50校を表にした。難関国立8大学は、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、一橋大、東京工業大、神戸大。合格者数は、合格実績のある学校への本誌とサンデー毎日、大学通信の合同調査(3月31日現在判明分)。推薦・AOなどの合格者を含んでいる。
合格率(%)は、合格者数を卒業生数で割った数字。通信制・定時制を併設している学校は、それらを除く全日制の卒業生で算出した(78ページからの表とは異なることがある)。同率で順位が異なるのは小数点第2位以下の差による。協力・大学通信 (週刊朝日2019年4月19日号より)

【東大・京大と難関国立8大学の合格率ランキング 1位~25位】
<表の見方>
東大と京大の合格者総数に難関国立8大学合格者数の合計を加えた合格率の高い50校を表にした。難関国立8大学は、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、一橋大、東京工業大、神戸大。合格者数は、合格実績のある学校への本誌とサンデー毎日、大学通信の合同調査(3月31日現在判明分)。推薦・AOなどの合格者を含んでいる。
合格率(%)は、合格者数を卒業生数で割った数字。通信制・定時制を併設している学校は、それらを除く全日制の卒業生で算出した(78ページからの表とは異なることがある)。同率で順位が異なるのは小数点第2位以下の差による。協力・大学通信 (週刊朝日2019年4月19日号より)

【東大・京大と難関国立8大学の合格率ランキング 26位~50位】
<表の見方>
東大と京大の合格者総数に難関国立8大学合格者数の合計を加えた合格率の高い50校を表にした。難関国立8大学は、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、一橋大、東京工業大、神戸大。合格者数は、合格実績のある学校への本誌とサンデー毎日、大学通信の合同調査(3月31日現在判明分)。推薦・AOなどの合格者を含んでいる。
合格率(%)は、合格者数を卒業生数で割った数字。通信制・定時制を併設している学校は、それらを除く全日制の卒業生で算出した(78ページからの表とは異なることがある)。同率で順位が異なるのは小数点第2位以下の差による。協力・大学通信 (週刊朝日2019年4月19日号より)

【東大・京大と難関国立8大学の合格率ランキング 26位~50位】
<表の見方>
東大と京大の合格者総数に難関国立8大学合格者数の合計を加えた合格率の高い50校を表にした。難関国立8大学は、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、一橋大、東京工業大、神戸大。合格者数は、合格実績のある学校への本誌とサンデー毎日、大学通信の合同調査(3月31日現在判明分)。推薦・AOなどの合格者を含んでいる。
合格率(%)は、合格者数を卒業生数で割った数字。通信制・定時制を併設している学校は、それらを除く全日制の卒業生で算出した(78ページからの表とは異なることがある)。同率で順位が異なるのは小数点第2位以下の差による。協力・大学通信 (週刊朝日2019年4月19日号より)

 9位の聖光学院(神奈川)は東大合格者数が前年より21人増えた。合格者のうち現役の割合も高い。

「フィールドワークといった体験学習が有名です。様々な業界の専門家を呼び、学びのモチベーションを上げることにも力を入れています。生徒は刺激を受けて、合格実績にもつながります」(安田常務)

 今年は私立の健闘が目立つが、公立も負けてはいない。30位の浦和・県立(埼玉)は、東大合格者が前年比19人増の41人。東北大や京大などにも進む生徒がいる。進路指導部の東知則主事はこう語る。

「16年度から、受験準備講座を2年生の後半に開いています。部活後に英語や数学を中心に補講を行うもので、多いときは一つの教室で100人が受講します。この取り組みで、学習時間がしっかりとれるようになったと思います」

 さらに、2年生の3学期には志望大学別に入試問題の研究会を行う。進路意識を高めるだけでなく、同じ志望の仲間づくりの場としても機能しているという。

 45位の国立(東京)も注目だ。京大合格が19人となり、東大16人や東工大18人を上回った。西田環・進路指導主任が明かす。

「数年前から京大の見学ツアーをして、本校出身の先生に模擬授業をやってもらっています。当初は20人ほどだった参加者も今では倍増しました。自由な校風なので、同じ雰囲気の京大に憧れるのかもしれません」

 西日本の公立校では大阪勢が健闘している。8位の北野、20位の天王寺、26位の茨木だ。茨木は京大は6人増の16人、大阪大は15人増の73人、神戸大は13人増の47人と大きく伸びた。

「妥協せずに第1志望を目指した生徒が多く、浪人、現役ともに頑張ってくれました」(進路指導担当者)

 トップ50のランク外でも、浜松北(静岡)のように京大合格者が12人増え、過去最高の32人になったところもある。進路指導部によると、「東大や京大を目指す生徒がここ5年ほどで増えている」という。

 25位の札幌北(北海道)や17位の仙台第二(宮城)、22位の岡崎(愛知)、23位の修猷館(福岡)など地元の旧帝大に多数合格する高校もある。

「今年は安全志向ですね。来年はセンター試験が最後なので、浪人したら将来不利になるという危機感もあったのではないでしょうか」(安田常務)

(本誌・緒方麦)

週刊朝日  2019年4月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい