「根尾は即戦力ではない…」藤原、小園ら黄金ルーキーたちが直面するプロの壁 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「根尾は即戦力ではない…」藤原、小園ら黄金ルーキーたちが直面するプロの壁

このエントリーをはてなブックマークに追加
春日哲也週刊朝日
昨秋のドラフトで4球団に指名された中日・根尾昂

昨秋のドラフトで4球団に指名された中日・根尾昂

3球団指名のロッテ・藤原恭大

3球団指名のロッテ・藤原恭大

4球団指名の広島・小園海斗

4球団指名の広島・小園海斗

 根尾を指名した某球団のスカウトは「根尾は素材型です。将来は球界を代表する選手になれる可能性を十分に秘めていますが、即戦力かと言えばそうではない。高校で投手と野手の二刀流だったので、遊撃の守備は基礎の段階から覚えることがたくさんある」と指摘する。

 そのうえで「藤原、小園もそうですが、打撃もプロのスピード、変化球のキレに慣れるために時間が必要です。ファンは1年目から活躍を期待するかもしれませんが、怪物と言われた清原(和博)、松坂(大輔)が別格なんです」と強調する。

 根尾、小園、藤原は走攻守3拍子揃っているプレースタイルが共通している。前人未到のトリプルスリー3度を達成したヤクルト・山田哲人は高卒1年目の11年にレギュラーシーズンで公式戦出場の機会はなかったが、2軍で力をつけてCSで「1番・遊撃」でスタメンに抜擢された。

 首脳陣は各選手の成長速度を注視している。シーズンは長い。焦らず目の前の課題を乗り越えていけば、根尾、藤原、小園にもチャンスは十分にあるだろう。(春日哲也)
※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい