「僕が嫌われていたから」“大阪都構想”失敗の理由を橋下徹が語る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「僕が嫌われていたから」“大阪都構想”失敗の理由を橋下徹が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

橋下徹(はしもと・とおる)/1969年生まれ。弁護士。2008年に政界に進出し、大阪府知事に就任。11年には大阪市長に就任した。そのほか、日本維新の会代表など歴任。15年5月、大阪都構想案が住民投票によって否決され、同年末に政界を引退した。近著に『政権奪取論 強い野党の作り方』(朝日新書)、『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』(朝日出版社)(撮影/写真部・加藤夏子)

橋下徹(はしもと・とおる)/1969年生まれ。弁護士。2008年に政界に進出し、大阪府知事に就任。11年には大阪市長に就任した。そのほか、日本維新の会代表など歴任。15年5月、大阪都構想案が住民投票によって否決され、同年末に政界を引退した。近著に『政権奪取論 強い野党の作り方』(朝日新書)、『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』(朝日出版社)(撮影/写真部・加藤夏子)

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。早稲田大卒。ジャーナリスト。東京12チャンネル(現テレビ東京)などを経てフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超える。ほか「激論!クロスファイア」が毎週放送中。『平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか』(猪瀬直樹氏との共著、朝日新書)など、著書多数(撮影/写真部・加藤夏子)

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。早稲田大卒。ジャーナリスト。東京12チャンネル(現テレビ東京)などを経てフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超える。ほか「激論!クロスファイア」が毎週放送中。『平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか』(猪瀬直樹氏との共著、朝日新書)など、著書多数(撮影/写真部・加藤夏子)

橋下徹氏(左)と田原総一朗氏 (撮影/写真部・加藤夏子)

橋下徹氏(左)と田原総一朗氏 (撮影/写真部・加藤夏子)

 前大阪市長の橋下徹氏(49)とジャーナリストの田原総一朗氏(84)が80分間のガチンコ対談。橋下氏に田原氏が「大阪で嫌われた」理由を問う。

【写真】橋下徹×田原総一朗 ガチンコ対談の様子はこちら

*  *  *
橋下徹(以下、橋下):僕が問題だと思うのは、田原さんらメディアで活躍する人が、今の国民大多数の思いを野党にきちんと伝えていないことです。野党は今、国民の思いと違う方向へ行っている。

田原総一朗(以下、田原):一番の問題は、日本国民の大多数が政治に関心を持ってないことだよ。

橋下:持ってます。

田原:持ってない。

橋下:田原さん、国民を馬鹿にしていますよ。その言葉は、政治批評する人が絶対に言ってはいけない言葉ですよ。国民が政治に関心を持つようにするのも政治批評の責任です。

田原:いや、もし海外でモリカケ問題が起きたら、連日デモですよ。

橋下:いや、そこじゃないんです。国民はモリカケ問題に対し、怒り、不満を持っている。だからといって政権交代の話じゃないと賢明に判断していますよ。

田原:野党が悪い。

橋下:だったら政治批評する側も政権与党の問題を追及しながら、野党に対しても国民が望む政治の方向性を提案してあげないと。国民の思いを代弁するのも政治批評の役割です。

田原:もちろんやってる。しょっちゅうやってる。

橋下:でも野党の支持率が上がらないじゃないですか。

田原:選挙のたびに野党の代表に対し、「国民はアベノミクスの批判なんて聞きたくないんだ。対案を出せ」と言っている。でも、どこも出さない。もっと言えば、今の野党の経済政策は自民党と変わらないのよ。つまりバラマキですよ。

橋下:対案を出せ!ではなく、こういう対案にしろ!と提案しないと。田原さんは消費税を上げなきゃいけないという立場なんですね?

田原:うん。

橋下:消費税を上げる理由は何ですか。

田原:旧民主党の野田政権のとき、安倍さんも公明党も10%にすると合意したじゃない。

橋下:でも、延期している安倍さんのほうが支持率を取っているわけですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい