症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

ヘルス

2019/02/05 07:00

 高齢者によく発症する病気、腰部脊柱管狭窄症。治療ではまず保存療法が実施され、その次に手術療法が検討される。手術を受けるべきタイミング、手術の種類や内容、長所や短所などについて、2人の医師に考え方を聞いた。

あわせて読みたい

  • 腰部「脊柱管狭窄症」の手術 腰痛やしびれなどに向いている「固定術」とは?

    腰部「脊柱管狭窄症」の手術 腰痛やしびれなどに向いている「固定術」とは?

    週刊朝日

    2/18

    加齢現象の一つ「腰部脊柱管狭窄症」はこんな病気

    加齢現象の一つ「腰部脊柱管狭窄症」はこんな病気

    週刊朝日

    6/2

  • 【首・腰の手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「症状が進行しているかどうか」

    【首・腰の手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「症状が進行しているかどうか」

    dot.

    3/25

    腰痛・足のしびれや痛み、専門医がすすめる治療法は? 消炎鎮痛薬は副作用に注意

    腰痛・足のしびれや痛み、専門医がすすめる治療法は? 消炎鎮痛薬は副作用に注意

    dot.

    1/16

  • 68歳男性 「腰部脊柱狭窄症」による足のしびれを「傷の小さい手術」で克服

    68歳男性 「腰部脊柱狭窄症」による足のしびれを「傷の小さい手術」で克服

    6/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す