クロちゃん手術成功も本当に怖い脳動脈瘤 3分の1が亡くなり、半数に後遺症が…

ヘルス

2019/01/18 11:57

 お笑いトリオ、安田大サーカスのクロちゃん(42)が、今月8日に脳動脈瘤(りゅう)を治療するカテーテル手術を受けていた、と報じられた。脳動脈瘤は破裂すると、くも膜下出血を発症する可能性があるとされる。発症すると約3分の1の人が亡くなり、生命が助かった人でも、半数に後遺症が残るといわれている。

あわせて読みたい

  • 小室引退「大人の女性の会話は困難」KEIKOを襲ったくも膜下出血 後遺症の現実

    小室引退「大人の女性の会話は困難」KEIKOを襲ったくも膜下出血 後遺症の現実

    dot.

    1/19

    「くも膜下出血」で倒れた! 家族が救急車が来るまでに対応すべきこととは?

    「くも膜下出血」で倒れた! 家族が救急車が来るまでに対応すべきこととは?

    dot.

    7/24

  • 脳ドックで見つかった「くも膜下出血」リスク 医師が語る治療しなくていい条件とは?

    脳ドックで見つかった「くも膜下出血」リスク 医師が語る治療しなくていい条件とは?

    dot.

    8/1

    「くも膜下出血」の予兆5つ 激しい頭痛、「プツン」とはじけた感じも

    「くも膜下出血」の予兆5つ 激しい頭痛、「プツン」とはじけた感じも

    週刊朝日

    10/13

  • ジャニー喜多川社長が発症した脳動脈瘤破裂 突然の激しい頭痛や意識障害

    ジャニー喜多川社長が発症した脳動脈瘤破裂 突然の激しい頭痛や意識障害

    dot.

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す