【東京五輪賄賂疑惑】「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」IOC関係者

2019/01/15 18:49

ラミン・ディアク氏 (c)朝日新聞社
ラミン・ディアク氏 (c)朝日新聞社
日本オリンピック委員会の竹田恒和会長(撮影/西岡千史)
日本オリンピック委員会の竹田恒和会長(撮影/西岡千史)

 2020年東京五輪招致を巡る贈賄の容疑者としてフランス当局から正式に捜査を開始された日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日、東都内で記者会見を開いた。

【会見した日本オリンピック委員会の竹田恒和会長】

「(嫌疑がかかっている)コンサルタント契約は、通常の承認手続きに従い、締結されたものです。稟議書は通常の承認手続きを経て、回覧され、私が最後に押印しました。私の前にはすでに数名が押印しておりました。これらの契約内容は、ロビー活動および、関連する情報を収集するコンサルタント業務の委託になります。国会の衆参両院の予算委員会をはじめとする各委員会に呼ばれ、招致委員会元理事長の立場で参考人として説明をし、承諾を得たもの」

 竹田会長はこうして潔白を7分間、記者団に訴えたが、記者質疑には応じず、会見は打ち切り。集まった外国人記者らから疑問の声が次々とブーイングが上がった。

 問題となっているのは、2020年東京五輪招致のコンサルタント契約で、2013年7月と10月、東京五輪の招致委員会がシンガポールのコンサルタント「ブラック・タイディングズ」社に約2億3千万円を送金したことだ。

 その金が2020年東京五輪招致の集票のために「賄賂」ではないかと、疑惑が浮上しているのだ。

 コンサルタント会社は、シンガポールに所在しているが、IOCの委員で国際陸上競技連盟(IAAF)前会長でもあったセネガル人のラミン・ディアク氏の息子、パパマッサタ・ディアク氏の「ダミー会社」とみられているという。

「シンガポールでは、ほとんど活動していないペーパーカンパニーの銀行口座に突然、大金が送られてきた。シンガポール人の会社の代表者も、パパマッサタ氏との関係は認めている」(シンガポールの当局者)

 IOCの関係者はこう話す。

「あの金額を見て、票を集めた見返りと思っている人は多いよ」

 2013年当時、東京はスペインのマドリッド、トルコのイスタンブールと激しく、招致を競り合っていた。また、これまでオリンピックの招致にはさまざまな疑惑が浮上。

NEXT

韓国で開催された平昌五輪でも…

1 2

あわせて読みたい

  • 東京五輪“賄賂”疑惑「早く竹田会長を代えるべき」IOC関係者が忠告

    東京五輪“賄賂”疑惑「早く竹田会長を代えるべき」IOC関係者が忠告

    週刊朝日

    1/22

    東京五輪“贈収賄”疑惑「日本のシロ認定は甘い」フランス当局が本格捜査

    東京五輪“贈収賄”疑惑「日本のシロ認定は甘い」フランス当局が本格捜査

    dot.

    1/14

  • 招致“ワイロ”や帳簿廃棄…竹田前JOC会長が疑惑調査の皮肉【長野五輪調査報告書・後編】

    招致“ワイロ”や帳簿廃棄…竹田前JOC会長が疑惑調査の皮肉【長野五輪調査報告書・後編】

    dot.

    6/15

    JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    dot.

    6/8

  • 五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    AERA

    5/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す