週刊朝日を“全文音訳”して視覚障害者へ提供 ボランティア奮闘40余年

2019/01/16 16:00

 目の不自由な人のため、週刊朝日を毎週欠かさず「音訳」する団体がある。社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会が運営する「視覚障害者総合支援センターちば」(同県四街道市)。記事やコラムを読み上げて音声をCD化し、視覚障害者に提供している。昨秋、作文コンテスト「私と週刊朝日」を実施し、1月5日に表彰式があった。

あわせて読みたい

  • 段差教えるヘッドホン、文字読み上げるメガネ…ユニークな発明続々

    段差教えるヘッドホン、文字読み上げるメガネ…ユニークな発明続々

    AERA

    9/9

    夫婦でメダルを狙う柔道の廣瀬順子 「悠さんに防御を教えてもらったら勝てるように」

    夫婦でメダルを狙う柔道の廣瀬順子 「悠さんに防御を教えてもらったら勝てるように」

    AERA

    8/28

  • 「私にとって写真は立体」 写真家・長島有里枝さんが 全盲の女性との対話で生み出したもの

    「私にとって写真は立体」 写真家・長島有里枝さんが 全盲の女性との対話で生み出したもの

    dot.

    2/6

    視覚障害者にとって雪道は危険がいっぱい、盲導犬も歩くのが大変!!

    視覚障害者にとって雪道は危険がいっぱい、盲導犬も歩くのが大変!!

    tenki.jp

    1/10

  • 視覚障害の女性、コロナ禍の「Zoom」で“対等なつながり”に喜びと安心感

    視覚障害の女性、コロナ禍の「Zoom」で“対等なつながり”に喜びと安心感

    AERA

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す