盛り下がる「JAL」の忘年会 飲酒不祥事で社員に禁酒厳命 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

盛り下がる「JAL」の忘年会 飲酒不祥事で社員に禁酒厳命

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
パイロットによる飲酒問題が発覚した日本航空。国土交通省職員が立ち入り検査に入った (c)朝日新聞社

パイロットによる飲酒問題が発覚した日本航空。国土交通省職員が立ち入り検査に入った (c)朝日新聞社

 JAL広報に禁酒通達の真偽を確認した。

「社長から全グループ社員に対する事例周知と注意喚起をし、社員一人一人の意識改革を徹底する方針で動いていますが、その詳細については公開しておりません」(JAL広報部)

 危機管理に詳しく、国内外で2千件を超えるリスクマネジメントを担当してきた白井邦芳さん(ACEコンサルティング)は、今回の禁酒通達について指摘する。

「緊急措置なのでしょうが、会社側に“ダメと言ったところで、またやるだろう”という考えがある。不祥事を防ぐために何かを全面禁止にすれば、結局は“隠れてやればいい”となります。コンプライアンスは、なぜそれがダメなのかを具体的に説明し理解させることが大事なのです。それを飛び越えた過剰なルール設定は、本末転倒です」

 形式主義に陥らず、信頼の翼を取り戻してほしい。(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2018年12月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい