「がんを告知してほしくない」「生存率を告げられてショック…」などの悩みに医師が答えた!

ヘルス

2018/11/24 06:45

 がんは2人に1人かかるといわれ、がんと告知される場面ではさまざまな困惑に遭遇します。週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」では、Q&A形式で「告知されて困った」に関する悩み・疑問に専門家が回答しています。ここでは、「がんでも告知してほしくない」「治療はすぐに始めなければいけない?」など4問について、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長の保坂隆医師と都立駒込病院がん化学療法看護認定看護師の春藤紫乃看護師に回答してもらった内容を紹介します。

あわせて読みたい

  • 「職場にどう話せば…」「子どもを不安にさせたくない」 がん患者の悩みに専門家の答えは?

    「職場にどう話せば…」「子どもを不安にさせたくない」 がん患者の悩みに専門家の答えは?

    週刊朝日

    11/25

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    週刊朝日

    12/8

  • もし「余命◯カ月」と言われたら… 医師が教える「誤解しない」ために知っておきたいこと

    もし「余命◯カ月」と言われたら… 医師が教える「誤解しない」ために知っておきたいこと

    週刊朝日

    8/18

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    週刊朝日

    3/3

  • 病院別がん5年生存率 数字だけで病院を選ぶのは危険?

    病院別がん5年生存率 数字だけで病院を選ぶのは危険?

    週刊朝日

    11/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す