「自己主張が強くなる」「人のせいにする」 専門医が挙げる認知症のサインを見逃すな!

ヘルス

2018/11/18 07:00

 認知症は身近な病気であるにもかかわらず、誤解が多い病気です。認知症になると、相手に配慮できず自己主張が強くなったり、些細なことで怒りっぽくなったりと、性格やからだの変化が起きます。週刊朝日ムック『60歳からはじめる 認知症予防の新習慣』では、認知症の専門医に取材しました。

あわせて読みたい

  • 「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

    「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    週刊朝日

    11/9

  • 物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    週刊朝日

    6/19

    認知症の発症20年前に診断 蓄積する「アミロイドβ」を確認できる検査とは?

    認知症の発症20年前に診断 蓄積する「アミロイドβ」を確認できる検査とは?

    週刊朝日

    6/7

  • 長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    dot.

    1/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す