東京五輪でも増便はムリ 米軍の横田空域は今後も存続する?

2018/11/01 07:00

 日本の空は戦後、70年を経ても米軍の支配下に置かれている。その空域は、「横田ラプコン=横田レーダー・アプローチ・コントロールの略」と呼ばれ、1都8県(東京・埼玉・栃木・群馬・新潟・神奈川・静岡・長野・山梨)にも及ぶ。高さは最高7千メートルあり、最も低いところでも2450メートルある。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「安倍総理は憲法9条改正より米軍と交渉し、東京五輪で航空機増便すべき」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍総理は憲法9条改正より米軍と交渉し、東京五輪で航空機増便すべき」

    dot.

    10/29

    古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ」

    dot.

    2/18

  • 元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

    元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

    週刊朝日

    3/23

    石破茂、日米地位協定の改定を提言「真に独立した国とは何なのか」

    石破茂、日米地位協定の改定を提言「真に独立した国とは何なのか」

    週刊朝日

    11/27

  • 日米地位協定の理不尽さを沖縄国際大学・前泊教授が指摘

    日米地位協定の理不尽さを沖縄国際大学・前泊教授が指摘

    週刊朝日

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す